あの頃は大変だと思ったことは多いが戻りたいと思ったことはない

Pocket

よく「あの頃は幸せだったなあ」とか「子供のころに戻りたい」と言ってる人がいる。しかし、幅魔王の場合、「あの頃は大変だったなあ」と過去を振り返ることはあっても、「あの頃に戻りたい」と思ったことはない。少なくとも脱サラする前には絶対に戻りたくない。

あの頃は大変だと思ったことは多いが戻りたいと思ったことはない

ある程度の年齢になると「あの頃は幸せだったなあ」とか「子供のころに戻りたい」と言っている人がいる。

しかし、幅魔王の場合、「あの頃に戻りたい」と思ったことはない。それどころか過去を振り返ると「あの頃は大変だったなあ」と思うことがほどんどで「あの頃には絶対に戻りたくない」と思うことが多い。

・親に支配されて自由がなかった幼少時代
・受験勉強をしなければならず将来が不安だった小中高時代
・受験勉強はなくなったが、いい就職先に就職できるか不安だった大学時代
・会社に支配され毎日仕事に追われる会社員時代

脱サラする前を振り返るとどの時期も将来に不安に駆られて大変だったといえる。

幼少時代も親から虐待を受けたというわけではないが、何をするにも親の監視があり、今に比べると自由度が圧倒的に少なかったといえる。

仮に幼少時代が楽しかったとしても時間の経過とともに今に至るわけでその後の不安や苦労などを味わなくてはならない。だからこそ幼少時代が楽しかったとしても幼少時代には戻りたくない。

少なくとも脱サラする前には絶対に戻りたくない

このように過去を振り返って大変だったと思うことはあっても過去に戻りたいと思ったことはない。特に戻りたくないのは会社員時代である。

幅魔王の場合、脱サラする1年前に脱サラを決定づける2つの事件を経験し、精神的にかなり追い詰められた。

参考記事
幅魔王の脱サラを決定的にした事件1
幅魔王の脱サラを決定的にした事件2

過去に戻っても過去を変えられないのであるならばこんなことは2度と経験したくない。仮に過去に戻って過去を変えられるのであっても別の嫌なことを経験していたかもしれない。

仮に、会社員時代よりも前に戻ったとしても時間の経過とともに会社員時代がやってくる。結局会社員時代の嫌な経験をしなくてはならない。

今のところ脱サラしてから2年近くが経過したが、会社員時代よりも嫌な経験はしていない。会社員時代以前の過去には絶対に戻りたくない。もし、戻ってもいい過去があるとすればそれは脱サラして以降であろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める