サヤ取り 場中に決済すれば大幅利確の場面もあったが

Pocket

幅魔王が2016年3月からやっている株のサヤ取り投資であるが、2018年7月後半に非常に悔しい場面があった。というのも仕掛けているペアの売り建てがストップ安になって含み益が急拡大した後にリバウンドして今度は含み損に転じてしまったのである。場中に決済していれば大きく利確できたのに残念である。

サヤ取り 場中に決済すれば大幅利確の場面もあったが

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開けば損失が出てしまう。

このサヤ取りであるが、2018年7月に非常に悔しい場面があった。

仕掛け中のあるペアで売り建てしている銘柄が寄付きでストップ安になった。空売りが安くなるということは含み益が拡大するということである。

そのペアは寄付きから含み益が拡大し、利確ラインを突破した。しかし、サヤ取りは終値判断寄付決済をルールとしているため、利確はせずその日の取引終了まで待つことにした。

そうしたところ、ストップ安になった売り建て銘柄が急激にリバウンドし始めた。ストップ安、ストップ高になった銘柄がリバウンドするということはよくあることである。

しかし、その日に異常だったのはストップ安になったのにその日のうちに前の日の終値よりも高値になるまでリバウンドしたことであった。

結局その空売り銘柄は暴騰して大きな含み益が転じて大きな含み損になってしまった。場中には利確ラインを超えたのに、終値では含み損を抱えるという異常な事態になってしまった。

サヤ取りは終値判断寄付決済

場中に利確すれば大きな利益が取れたのになぜこのとき利確しなかったのだろうか?

サヤ取りでは終値判断寄付決済をルールとしているからである。

確かに場中でサヤが閉じて利益幅が拡大した後にサヤが急激に開いた今回のパターンの場合、場中に決済しておけばよかったと悔しい思いをした。

しかし、もし逆のパターンだったらどうなるだろうか?

場中にサヤが急激に開いた場合、損切りせざるを得なくなる。その後サヤが閉じて損切ラインを下回った場合は非常にもったいない。

一方で、場中に決済してもいいルールにすると利確ラインは場中に喜んでするが、損切はできる限りしたくない。損切ラインに達していても見てみぬふりをしてしまう。そうなると、利確はぎりぎりの金額でする一方で、損切は損失が大きくなってからするということになってしまう。

こうなるお利小損大となってしまい、サヤ取りでとれる利益が小さくなってしまう。場合によっては損失が拡大してしまう。

場中に決済しておけばという悔しい思いをしたが、今後もサヤ取りは終値判断寄付決済の原則は崩さないでいこうと思う。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める