2018年7月は資産が減らず2年10か月で変わらず

Pocket

2018年7月は物販ビジネスでの主力商品の仕入れができず、在庫切れを起こしたことにより売上は激減してしまった。しかし、仕入れもできないため出費がかさまず、貯金は微増した。今後最悪の状態が続くと想定しても貯金が尽きるまでの期間は2年10か月で変動はほとんどなかった。

2018年7月は資産が減らず2年10か月で変わらず

脱サラすることによって会社員時代のストレスから解放される一方で、会社からの安定収入を失う。脱サラした後の不安のほとんどはあとどのくらい貯金が持つかということである。

そこで幅魔王は脱サラしてから毎月あとどのくらい貯金が持つのかを計算している。この計算は収入が今後0でかつ毎月の出費が5~10万円程度余計にかさむというかなり最悪に近い事態を想定している。

2018年6月に地方銀行から追加融資を獲得した。追加融資獲得によって現金が増えた一方で毎月の支払いも少し増加した。これを計算に入れた上で2018年6月末時点では貯金が尽きるまでの時間は2年10か月であった。

2018年5月以降、物販ビジネスでの主力商品の仕入れが滞っている。これによって物販ビジネスでの主力製品で在庫切れを起こしたため、売上が激減してしまった。一方で、主力商品の仕入れもできないため、仕入れによる出費はほぼなかった。そういうこともあって2018年7月は貯金は微増したのである。

主力商品の仕入れができなくなった物販を立て直したい

物販ビジネスでの主力商品は2014年12月以降、型番変更はありながらも3年以上継続的に販売してきた商品である。

2018年5月になって出荷制限のため仕入れができないとの連絡があった。新商品が出るので少し待てば仕入れができるものと思っていた。

しかし、2か月以上待っても出荷が再開されたとの連絡がない。どうやらメーカー自身が商品を作るのを辞めてしまったとの情報を得た。

この商品は物販ビジネスでの売上のほとんどを占めていた主力商品で、月商300万円に到達したときにも売上上昇に大きく貢献した商品である。この商品の仕入れができないのは物販ビジネスを今後続けていくうえで実に痛すぎる。

しかし、幅魔王個人がメーカーに出荷を再開してほしいといったところで、メーカーが出荷を再開するとは限らない。となると、商品のバリエーションと販路を増やして売上を立て直していくしかない。

時間はかかるかもしれないが、何とか物販ビジネスを立て直して売上を回復させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める