アメリカ経済だけでなく外交も見解が支離滅裂

Pocket

100億円不動産王倶楽部が立ち消えになる前に100億円不動産王はジアーストレンドというコンテンツで世界経済に関する見解を発信していた。しかし、アメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであったことが印象的であった。そして、今回の米朝首脳会談での100億円不動産王の発言からアメリカ経済だけでなく外交に対する見解もあまりにも的外れであることが判明した。

アメリカ経済に対する見解があまりにも的外れな100億円不動産王

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部では運営事務局が消滅し、立ち消えとなる2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王ことチャーリータカ氏の見解が表明されていた。

しかし、ジアーストレンドで表明される見解の中でアメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであると感じていた。

参考記事:真実と真逆の見解を表明するのはやめてほしい

というのも少なくともオバマ政権時代のアメリカ経済というのは表向き上は好調であると報道されているが、財政赤字、貧困・格差の拡大、シェールガスバブルの崩壊、自治体の連鎖破綻など全くいいところのない状態であった。

しかし、100億円不動産王はこういった実情に全く触れることもなく、アメリカ経済が好調であると執拗に絶賛し続けていた。

2016年にトランプ政権が誕生したが、トランプ政権がオバマ政権と真逆のことをやろうとしていたことがアメリカ経済にとって唯一の光明であったと言える。

しかし、100億円不動産王はトランプ政権を徹底的に糾弾していた。

参考記事:トランプ氏でアメリカ経済は少なくとも表向きは改善したのだが

100億円不動産王のアメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであることがよくわかる。

アメリカ経済だけでなく外交も見解が支離滅裂

2018年6月についに米朝首脳会談があった。成果があったかどうかは賛否が分かれるところであるが、米朝首脳会談が実現したということ自体が歴史的であり、評価されるべきところである。

成果があったかどうかは別にして、米朝首脳会談は両国の首脳や関係者が暗殺されるといった大きな事件もなく、無事に終わったことは間違いない。両国の平和にとって大きな前進である。

このように米朝首脳会談を主導したトランプ氏は評価されるべきであると思うが、100億円不動産王はSNSでまたトランプ氏を執拗に非難していた。

【 トランプ・・・なんなんだこの人は・・ 】 

今回の北朝鮮トップとの会談は成功だったのか?

アメリカ国内でも賛否が大きく別れていますね。

当然トランプ大統領を支援している人以外は
ほぼ今回のことを評価をしていません。

アメリカは本当に大丈夫だろうか?

トランプに世界中が翻弄され続けている中で
まだトップとしてこの人を置き続けるのか?

保護主義的な発言を繰り返していますし
支援団体に対しての極端な養護

自由主義とかけ離れた行動を取るトランプ大統領

深く考えて行動しているようにも思えず
その場しのぎの人気取り?

それとも自分を支援する業界団体に対して
のみ行動している?

米朝首脳会談が実現したという事実だけでも歴史的なのにどうしてこうも執拗にトランプ氏を誹謗中傷するのだろうか?100億円不動産王の神経が全く分からない。

100億円不動産王のアメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであることもわかっていたが、アメリカの外交に対する見解も今回の米朝首脳会談であまりにも的外れであることが判明してしまったといえる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める