100億円不動産王倶楽部の大きな疑問点

Pocket

幅魔王が脱サラを目指すべく2013年に入会した100億円不動産王倶楽部であるが、2017年1月に運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。もう少しうまく運営をやっていればこういったことにはならなかったのではないだろうか?100億円不動産王倶楽部には大きな疑問点が2つあるのでこの点について説明していく。

なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部は、ビジネスで原資を稼ぎ、それをもとに海外不動産投資などの投資を行い、100億円の資産構築を目的に結成された組織であった。

100億円不動産王倶楽部のコンテンツの1つとしてジアーストレンドというコンテンツがあった。このコンテンツは100億円不動産王ことチャーリータカ氏が世界中を回って現地から世界経済の生の情報を提供するというものであった。

しかし、100億円不動産王のアメリカ経済に対する見解だけは真実と真逆であまりにも的外れであることを感じていた。

参考記事:真実と真逆の見解を表明するのはやめてほしい

ただアメリカ寄りであるのならば話は簡単であるが、トランプ政権が誕生するまでは執拗にアメリカ経済を絶賛し、トランプ政権が誕生した後は執拗にトランプ政権を叩いていた。

オバマ政権以前のアメリカ経済は崩壊しており、トランプ政権がオバマ政権と真逆のことをやり始めたというのがアメリカ経済にとって唯一の光明であるというのが正しい見解ではないだろうか。こういった真実を説明してほしかったので、ジアーストレンドというコンテンツは実に期待外れなものであった。

なぜGBCを中心とした運営をしなかったのか

100億円不動産王倶楽部自体は2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。

このとき、多くの会員から100億円不動産王倶楽部発の案件は失敗案件ばかりではないかという不満の声が上がっていた。

たしかに、100億円不動産王倶楽部で紹介され、幅魔王が購入したタイ・アユタヤの不動産は様々な法令違反が発覚し、もはや詐欺物件と化している。そのほかにも、スポーツアービトラージや油田案件といった詐欺案件があったらしい。

また、情報発信を軸に原資を稼ぐためにできた仕組みである神ブロガーPJ、flp、平城式といった仕組みはいずれも誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまっている。

しかし、そのような中で100億円不動産王倶楽部で紹介された案件で明らかな成功案件があった。GBC(現VBC)である。

幅魔王はこのGBCを活用することによって毎月月商100万以上月利数十万円をコンスタンにあげられるようになり、脱サラするに至った。そのほかにも月商500万円から1000万円以上を目指すメンバーもおり、GBCは明らかな成功案件といえる。

100億円不動産王倶楽部もこのGBCを中心とした運営をすれば多くの人が稼げるようになり、立ち消え状態になることはなかったかもしれない。

しかし、GBC自体は2016年1月にVBCとして分社化され、100億円不動産王倶楽部とは全く別組織となってしまった。唯一大成功を収めたGBCを中心とした運営をせず、GBCを手放してしまったことが100億円不動産王倶楽部の大きな失敗といえよう。なぜこのようなことをしたのだろうか?実に疑問である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める