なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

Pocket

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部では、運営事務局が消滅する2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツで世界経済に対する100億円不動産王の見解が説明されていた。しかし、その中でもアメリカ経済に対する見解だけはあまりにも的外れだった。

アメリカ経済に対する見解があまりにも的外れな100億円不動産王

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王倶楽部自体は2014年後半から全く活動がなされなくなり、2017年1月には運営事務局が消滅し、事実上の立ち消え状態となってしまった。

100億円不動産王倶楽部が立ち消えとなる前の2016年12月まではジアーストレンドというコンテンツで100億円不動産王ことチャーリータカ氏が世界中を回って世界経済に対する見解が表明されていた。

しかし、100億円不動産王の表明する見解の中でもアメリカ経済に対する見解はあまりにも的外れであると感じていた。

参考記事:真実と真逆の見解を表明するのはやめてほしい

少なくともオバマ政権時代のアメリカ経済は崩壊寸前、場合によっては既に崩壊しているとみる専門家が多い中で100億円不動産王は執拗にアメリカ経済を絶賛していることが不自然に思えてならなかった。

100億円不動産王の公式ブログにもいくつかアメリカ経済に関する記事が書かれているが、いずれも的外れな記事ばかりであった。

参考記事
見事に予想を外した「アメリカ強し!」の記事
ねつ造された雇用統計指数が根拠らしい
シェールガスがアメリカ経済の強さの根源だったらしい
トランプ氏でアメリカ経済は少なくとも表向きは改善したのだが
100億円不動産王のブログのアメリカ経済に関する記事をざっと見ただけでもこれだけ的外れなことが書かれていることがわかる。なぜこここまでアメリカ経済に関する見解が的外れなのだろうか?

なぜアメリカ経済に対する見解がここまで的外れなのか

100億円不動産王がアメリカ経済について真実に即してまともな見解を表明していた記憶が全くない。逆に支離滅裂で的外れな見解を表明している記事はいくらでも見つかる。

ここまでアメリカ経済に対して的外れな見解を表明する人も珍しい。なぜここまで的外れなことを言えるのだろうか?原因は3つ考えられる。

①単に知的レベルが低い
②外部から圧力をかけられている
③アメリカの投資案件を売ろうとしている

①単に知的レベルが低い
100億円不動産王は知的レベルがあまりに低く、大手メディアが発表する情報をそのままうのみにしているだけという可能性がある。とは言ってもアメリカ経済に対する見解をここまで真実と真逆に表明するのは難しい。例えば、確率2分の1の賭けで勝ち続けるのは当然難しいが、逆に負け続けるのも難しい。

100億円不動産王がアメリカ経済に対してあまりにも的外れな見解を表明しているのは何か意図があってのことであると思えてしまう。

②外部から圧力をかけられている
アメリカ経済が崩壊していることがあまりにも表向きに出てしまうと困る人もいるであろう。それなりに影響力がある100億円不動産王にはこういった人たちから圧力がかかっている可能性がある。

しかし、一方で100億円不動産王は日本の借金問題に関しては何のためらいもなく批判するし、同じアメリカでもトランプ政権に対しては執拗に糾弾している。外部からの圧力がかかっているという説も疑問が残る。

③アメリカの投資案件を売ろうとしている
確かに100億円不動産王は、油田案件やテキサスの不動産などいくつかアメリカの投資案件を売ろうとしていた時はあった。

しかし、100億円不動産王が紹介した投資案件の大部分は東南アジアである。アメリカ経済が崩壊しているという見解を表明する必要はないとしても、アメリカ経済を執拗に絶賛する必要はない。

東南アジアの経済もアメリカ経済ほどは絶賛されていなかった。アメリカの投資案件を売ろうとしているという説にも疑問が残る。

100億円不動産王がここまでアメリカ経済に対して的外れな見解を表明するのは何らかの意図があってのことと思える。しかし、その理由を考えてみたがどれも疑問が残る。実に謎である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める