物販経験が会社員経験の半分になる

Pocket

幅魔王がGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始してからもうすぐ5年になる。2016年には10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしたが、物販ビジネスの経験が会社員経験の半分を超えようとしている。

10年近く勤務した大手企業を退職して新しい世界に飛び込んだが

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

最初の1年半は売上がなかなか上がらなったが、2014年12月から月商100万円以上をコンスタントに上げられるようになり、2016年10月には10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。

せっかく大手企業に10年近くも勤務していたのに退職して全く新しい世界に飛び込むのは無謀だという声もあった。

大企業となると仕事が専門化されており、歯車の一部しかできない。大企業に勤務ている経験が長いほど新しい世界に飛び込むというのはなおさら無謀な経験になる。さらには一般的大企業は中小企業よりも給料や福利厚生の面で恵まれている。

こういったことを考慮すれば大企業を脱サラして全く新しい世界に飛び込むのは無謀と思われても仕方がない。

物販経験が会社員経験の半分になる

幅魔王がこの無謀ともいえる脱サラをできた理由の1つとして既に副業としてある程度結果を残せていたことがあった。

幅魔王がGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始したのは2013年7月であった。そのため、脱サラした2016年10月時点では既に3年以上の物販経験があった。

さらには、2014年12月から物販ビジネスで毎月月商100万円以上をコンスタントに上げていた。会社からの安定収入を失ってもある程度は生きていける見通しが立っていたのは大きい。何の準備もせずに会社を辞めて0から起業したといわけではない。

そして、2018年7月で物販ビジネスを開始してからちょうど5年となる。幅魔王は入社10年目に会社を退職したので、物販ビジネスの経験は既に会社員経験の半分以上となっている。

経験という面から見れば大手企業を退職して物販ビジネスで独立したという選択は決して無謀なものとは言えないことが証明されつつある。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める