先立って建設された3つの不動産は稼働率ほぼ100%に

Pocket

幅魔王が2013年に購入したマレーシア・ジョホールバルの不動産であるが、2018年3月に賃貸開始から1年以内にテナントが付いた。テナントは3か月という短期契約である。しかし、同じ管理会社が同一地区で管理する3つの不動産はいずれも稼働率がほぼ100%となっている。契約満了後すぐに次のテナントが付くことを期待したい。

先立って建設された3つの不動産は稼働率ほぼ100%に

幅魔王が2013年に脱サラを目指すべく100億円不動産王倶楽部に入会した。そして、そこで紹介されたマレーシア・ジョホールバルの不動産を購入した。

マレーシア・ジョホールバルの不動産は、プレビルドの状態で購入し、さらに工事が遅れたため、賃貸開始となったのは2017年7月である。

幅魔王が同じく2013年に購入したタイ・アユタヤの不動産は賃貸開始から3年経過したが、未だに稼働率が上がってこない。失敗案件どころか詐欺案件と化している。

マレーシア・%8

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める