サヤ取りだけで生活できるようになっても物販は継続するであろう

Pocket

2018年3月、4月と実現損益がマイナスとなったサヤ取りであるが、2018年5月は中盤までで実現損益がプラス30万円に迫ってきている。もし2018年5月の好調が長期にわたって続くのであればサヤ取りだけで生活費を稼ぐことは可能である。しかし、もしそうなっても物販ビジネスは継続していくであろう。

2018年5月は実現損益プラス30万円まであと1歩に迫る

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開けば損失が出る投資手法である。

このサヤ取りであるが、2017年8月に取引ルールを見直したところ、6か月連続で実現損益がプラスとなった。これを受けて2018年2月に有料ツールを導入した。

有料ツール導入初月である2018年2月は実現損益がプラスだったものの、2018年3月、4月と連続で実現損益がマイナスとなってしまった。

しかし、2018年5月は連休の谷間である5月1日2日の2営業日だけで20万円以上を利確し、5月中盤までで実現損益が30万円近くに迫っている。

実現損益が大きくマイナスとなった2018年3月、4月が本物だったのか?それとも実現損益が大きくプラスになった2018年5月が本物だったのか?

2018年6月以降も継続して大きな利益が得られるかどうかが注目である。

サヤ取りだけで生活できるようになっても物販は継続するであろう

このように2018年5月はサヤ取りで中盤までに実現損益が30万円に迫った。毎月サヤ取りだけで30万円くらい稼げるようになれば税引き後の利益だけでも25万円近く残る。

しかも、サヤ取りは複利運用が可能である。つまり、サヤ取りで大きな利益を継続的に出し続けて、サヤ取り用の証券口座からしばらく出金せずに取引金額を徐々に大きくしていけばサヤ取り口座の資産は雪だるま式に増えていく。

もしそうなれば、サヤ取りによる毎月の実現損益は30万円、50万円、100万円・・・と増えていくことになる。もちろん、そううまくいくとは考えにくいがもしそうなったとしたら毎月の利益の半分を生活費として出金したとしても資産が増えていくことになり、サヤ取りだけで余裕で生活することは十分に可能となる。

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始し、2016年10月以降は脱サラして物販ビジネスを専業としてやるようになった。

もしサヤ取りだけで余裕で生活できるようになったら物販を辞めるだろうか?

仮にサヤ取りだけで少し贅沢しても資産が増える状況になったとしても物販は辞めないであろう。というのもサヤ取りだけだと暇すぎるからである。

サヤ取りの作業量はサヤ取りペアを抽出するのに1日1時間も必要ない。しかも、毎日ペアを抽出する必要もない。さらにはサヤ取りはデイトレードではないため、相場に張り付いている必要はなく、終値を見て仕掛けと決済を判断すればいい。

幅魔王は脱サラしてあまりにも暇だから毎日相場に入ってサヤの動きをチェックしている。それでも相場のない日はさらに暇である。

いくらサヤ取りで安定的に大きく稼げるようになってしまったからと言って物販ビジネスを辞めてしまうと暇で仕方がない。物販ビジネスをやっていれば必然的に海外に行く機会も増えて、毎日の時間を有意義に楽しく使うことができる。

今後サヤ取りだけで生活できるようになっても物販は継続するであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める