月曜日に疲れる人は精神的疲れ

Pocket

月曜日に疲れる人は 「精神的な疲れ」に要注意という記事を読んだ。会社員時代は月曜から疲れているというか気分が落ち込んでいて、金曜が近づくにつれて少しずつ気持ちが軽くなっていった。しかし、これは精神的疲労というよりも人間として当然のことなのではないだろうか?

月曜日に疲れる人は精神的疲れ

月曜日に疲れる人は 「精神的な疲れ」に要注意という記事を読んだ。

2種類の疲労を見分ける方法
実はこの2つの疲労を判断できるカンタンな質問があります。

「月曜日の方が疲れていますか、それとも金曜日の方が疲れていますか?」というものです。

・木曜日や金曜日といった週末に疲れのピークを迎える=肉体的な疲れ

・月曜日や火曜日といった週始に疲れのピークを迎える=精神的な疲れ

肉体的な疲れは毎日蓄積していくため、週の後半にかけてピークを迎え、土日でそれが解消されます。

一方、精神的な疲れは週の前半に疲れのピークを迎えますが、いったん会社に来て仕事を始めてしまえば、徐々に億劫さがなくなるという傾向があります。

幅魔王の会社員時代はどちらかというと後者の精神的な疲れのほうが大きかった。

土日を終えた後の月曜日の朝は非常に憂鬱であった。そして、水曜日の午後くらいから少しずつ気分が軽くなり、金曜日の午後はあと少しで休みには入れるということでかなり気分がよくなっていた。

確かに仕事の負荷が大きいと月曜から金曜に日が進む疲労感は増していくかもしれない。しかし、土日があると思うと週末に向けて気分はどんどん楽になっていく。この記事に書いてあった肉体的疲労よりも精神的疲労のほうが大きかったことは間違いない。

土日祝休みで月曜日が嫌でない人がいるのだろうか

この記事では肉体的疲労よりも精神的疲労のほうが深刻であるということが書かれている。

しかし、土日祝休みの会社員の場合、月曜が一番気が重くて週末が近づくにつれて気持ちが楽になっていくのは当たり前のことではないだろうか?

むしろ本来うれしいはずの週末がうれしくないという状況のほうが異常である。

週が進むにつれて気持ちが楽になっていくよりも週が進むことによる肉体的疲労が大きいというのであれば確実に仕事の負荷が大きいといえる。こういう場合のほうが異常であり、仕事の負荷を見直すか、体調が悪くないかチェックするかしたほうがいい。

とはいえ、幅魔王の場合は脱サラしてから1年半以上が経過した。毎日が仕事で毎日が休みの脱サラ生活を送っている。仕事に関しては土日祝は関係ない。

むしろ世間の祝日は株式相場が動いていない。外に出てもどこも混んでいるため外出も控えがちである。土日祝が非常に退屈であるが、仕事で月曜が憂鬱という気持ちは全くなくなった。

会社員であれば月曜が嫌なのは人間として当然のことである。脱サラすれば仕事の肉体的疲労や精神的疲労についてもはや考える必要すらなくなった。脱サラして本当に良かったと思っている。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める