2018年4月は資産は大きく減らしたものの収支は黒字

Pocket

2018年4月は日米の販売している商品とも仕入れが滞ったことにより、売上が低迷し資産が大きく減ってしまった。それでも前月以前のクレジットカードの引き落としが大きかっただけで2018年4月単月の収支を見るとそれなりにプラスになっていることが判明した。

2018年4月は仕入れが滞り大幅に資産を減らす

幅魔王は2013年7月にGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始し、2016年10月に脱サラして物販ビジネスを専業としてやるようになった。

脱サラすると会社からの安定収入を失うため、あとどのくらい貯金が持つのかということに気を配り、毎月計算している。

2018年4月は前月と前々月に大量仕入れをしたため、そのクレジットカードの引き落としがあった。

一方で、仕入れた商品の納品が大幅に遅れている。一部の商品は届いたが、新たにOEMを開始した商品だったため、売上が上がるまでそれなりに時間がかかりそうである。

クレジットカードの大量引き落としがあった一方で、売上は低迷してしまった。そのため、2018年4月は大きく資産を減らした月であった。

2018年4月は資産は大きく減らしたものの収支は黒字

このように2018年4月は大きく資産を減らしてしまったが、それほど悲観的になる必要はないというデータもある。

2018年4月に資産が大きく減ってしまった原因は仕入れの滞りである。幅魔王は日米のAmazonで商品を販売しているが、両方に販売する商品の仕入れの納期が大幅に遅れてしまった。物販ビジネスを5年前に始めて以降、ここまで各国の仕入れが立て続けに遅れるということはなかった。まさに異常事態である。

しかし、仕入れが滞ったことが原因で売上が上がらないということになると、当然のことながら次の仕入れもできない。次の仕入れができないということは2018年4月のクレジットカードの引き落としは多かったが、支出はそれほど多くなかった。

一方で、残った在庫はある程度売れたため、売上が低迷したとはいえ、それなりに売上があった。ということで、2018年4月はクレジットカードの引き落としは多かったが、単月で見ると収支はそれなりにプラスになった。

つまり、大量に仕入れた商品が届けばそれなりに売れる計算が立つということである。できるだけ早く大量に仕入れた商品を販売開始できる状態にして、減ってまった資産を回復させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める