寮から出た後に転勤を告げられた元同僚

Pocket

2018年3月に会社員時代の元同僚と飲む機会があった。それほど嫌な同僚はいなかったので、参加することにしたが、寮から出て家を借りた直後に転勤を命じられた同僚がいた。その同僚は幅魔王に退職をどのように切り出したか詳細に聞いてきた。どうやら会社を辞めたいと思っているらしい。

寮から出た後に転勤を告げられた元同僚

2018年3月に会社員時代の元同僚と飲む機会があった。

会社員時代の同僚は嫌な人ばかりであったが、幸いなことに今回の飲みのメンバーには嫌な人はいなかったので、幅魔王も快く参加することにした。

3月ということもあり、参加したメンバーの1人が転勤を命じられたことが判明した。そして、そのメンバー曰く、寮を出てから転勤を命じられたらしい。

幅魔王がいた会社は人事異動通知が3月の初めに出される。転勤を伴う異動は1月に伝達され、転勤を伴わない異動は2月に伝達されるのが通常である。

その元同僚はなんと人事異動通知が出る1週間前に転勤を伴う異動が通知されたとのことである。

しかもひどかったのは会社の寮を出るように圧力をかけられていて、2月になって転勤はないだろうと判断してから寮を出たとのことであった。

当然のことながら寮を出た後に借りたアパートの敷金・礼金に加えて引っ越し費用も無駄になってしまった。これを組合に話して会社にこれらの費用を請求しても認められなかったとのことである。幅魔王はすでにこの会社を退職しているので関係ないが、実にひどい話である。

退職をどのように切り出したか聞かれる

幅魔王は会社員時代にあまり飲み会には参加しなかったので、転勤が決まった元同僚とはあまり話したことはなかった。

しかし、飲んでいるときにその元同僚にいきなり話しかけられた。話の内容は「どのように退職を切り出したのですか?」ということだった。

目標管理面談と賞与面談のときに上司と強制的に1対1になる機会があって、それは期に2回か3回あるが、その時に退職を切り出すのがいいという話をした。

そうしたところ、他の同僚から「そういう話を聞いてくる人って間違いなく会社辞めようと思っているよね」という発言があった。

転勤を命じられた元同僚はすぐに会社を辞めようと思ってはいないものの、すでに愛社精神はほとんどないということを話していた。

幅魔王自身会社を退職してから1年半が経過したが今でも会社を辞めて本当に良かったと思っている。すぐに脱サラするのは難しいかもしれないが、嫌なことがあったら会社に居座っていても精神的に消耗するだけである。すぐに会社を辞めたほうがいいかもしれない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める