マイル獲得のためアメックスビジネスゴールドに申し込み

Pocket

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきたが、仕入れはクレジットカードで行っている。2017年11月から物販ビジネスでの売上が上がり、クレジットカードの限度額の問題が出てきた。そこで、アメックスゴールドカードへ申し込むことにした。

年会費が高いためアメックスの申し込みを躊躇

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

2017年11月以降、物販ビジネスの売上が好調となり、毎月コンスタントに月商200万円売上が上がるようになった。

売上が上がるようになると当然のことながら仕入れが増える。物販ビジネスでの仕入れはペイパルを介してクレジットカードで行っている。仕入れが増えるとクレジットカードの限度枠の問題が生じる。

実際に初めて月商300万円に到達した2017年1月には翌月にクレジットカードの限度枠に達してしまい、先払いすることを余儀なくされた。2018年1月、3月と同様に先払いをした。

幅魔王は法人のクレジットカードとして楽天カードとANAJCBカードを使っている。楽天カードの枠は300万円、ANAJCBカードの枠は70万円である。しかし、これだけでは枠が足りない状況が度々出てくるようになった。

そこで、アメックスビジネスカードの導入を昨年から検討していた。しかし、アメックスビジネスカードはそれなりに年会費が高い。そのためこれまでは導入を躊躇していた。

マイル獲得のためアメックスビジネスゴールドに申し込み

昨年に引き続き、アメックスビジネスカードのキャンペーンのレターが届いた。

キャンペーンのレターにはそれぞれグリーンカードとゴールドカードのキャンペーンの内容が書いてあった。両方とも初年度年会費無料であることには変わりないが、もらえるボーナスポイントの量に大きな違いがあった。

もらえるボーナスポイントはグリーンカードは5000ポイントであったが、ゴールドカードは最大で80000ポイントであった。1ポイントはANAの1マイルに移行できる。

ゴールドカードは年会費3万円以上とそれなりに高い。しかし、よく考えてみると最大で80000ポイントももらえるとなると元が取れるかもしれない。

80000ポイントもらえる条件は1年以内に200万円以上のカードの使用があることである。物販ビジネスをやっていれば仕入れで200万円などあっという間に使ってしまう。

そこで、ゴールドカードに申し込んで80000ポイント獲得した後にグリーンカードに変更することにした。こうすれば、1年後の会費は払う必要があるのかはわからないが、それ以降はグリーンカードの会費で80000マイルを獲得することができる。グリーンカードのクレジット枠と80000マイルがもらえればグリーンカードの年会費は十分に元が取れるであろう。

アメックスカードを使えばクレジットカードの限度枠の問題は相当解消される。これによって物販ビジネスの仕入れが滞ることもなくなるであろう。さらに物販ビジネスの売上を安定化させて行きたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める