大量注文があってから1か月が経過

Pocket

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを実践している。2018年1月には過去最高の日商4000ドル越えを達成した。しかし、1つの注文で4000ドル越えだったため、すべて返品されるリスクもあり、それが心配だった。2018年2月も終わり、返品されないまま1か月が経過した。

日商4000ドル越えを記録するも大量返品が心配

幅魔王は2013年7月にGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

そして、2018年1月に過去最高の日商4000ドル越えを達成した。日商4000ドルというと月商に換算すれば月商12万ドルとなる。1ドル100円で利益率が20%と仮定するとこのペースで売れ続けた場合、月収240万円になる。

もちろん日商4000ドルのペースで売れ続けることなどありえないし、仮に売れ続けたとしても在庫が持たない。

とはいえ、1日に4000ドル以上売れたら普通はうれしいはずである。しかし、売れた当日幅魔王はうれしい気持ちよりも不安な気持ちのほうが大きかった。

参考記事:日商4000ドル越えも返品のリスクが心配

というのも今回の日商4000ドル越えは複数の注文で売上が4000ドルを超えたわけではなく、1つの注文で4000ドル以上が売れたからである。

商品が1つずつ別々の人に注文されて売上が4000ドルになった場合、返品リスクは分散される。しかし、商品が同じ人に1つの注文で4000ドルを超えた場合は返品リスクが集中することになる。

つまり、もしこの注文が返品された場合は大きな利益がすべてが損失になる可能性がある。そのため、4000ドルを日商4000ドルを達成してもうれしさよりも不安のほうが大きかった。

大量注文があってから1か月が経過

日商4000ドルを達成したのは1月の後半である。そして、1月中には商品が購入者には到着しているはずである。

ということは2018年3月になった時点で大量注文があってから1か月以上が経過したことになる。

Amazonでは商品が返品される場合は大体の場合は商品が届いてから1か月以内であることが多い。

中には1年以上経過してから返品してくるふざけた購入者もいるが、そういう場合はAmazonから補償がなされる場合も多い。

まだ返品のリスクが完全になくなったわけではないが、1か月が経過したことによって大量返品される可能性はかなり低くなった。仮に返品されたとしても注文したすべての商品ではなく、一部のみ返品ということになる可能性もある。

日商4000ドル越えを達成したが、返品リスクが不安で売上が自分の財産になった気がしない日が続いた。しかし、大量注文から1か月以上が経過し、大量の売上が少しずつ自分の財産になっているような気がしてきた。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める