サヤ取りの結果をtwitter配信

Pocket

サヤ取りの有料ツール導入によってその効果がどのようなものか知ってもらうため、サヤ取り結果をTwitter配信することを検討している。だいたいこういうことを始めるとパフォーマンスが悪くなるが悪い結果も含めて配信していこうと思う。

サヤ取りツールの有料版を導入

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄を抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。

つまり、仕掛けてからサヤが閉じれば利益が出て、サヤがさらに開けば損失が出る投資手法である。

このサヤ取りであるが、2017年5月から無料のツールを使い、自らサヤ取りのペアの抽出を実践してきた。

2017年5月と8月に大きな損失を出したものの取引ルールを試行錯誤しながら見直したところ、2017年9月から2018年1月まで5か月連続で実現損益がプラスとなった。

無料のツールは日経225の銘柄しか抽出されないなど機能が制限されているが、それでも5か月連続で実現損益がプラスとなった。そこで、さらにプラス幅を大きくするために2018年2月からサヤ取りのペア抽出ツールの有料版を導入することにした。

サヤ取りの結果をtwitter配信

有料版のサヤ取りツールを導入するにあたって、今後サヤ取りの結果をTwitter配信することを検討している。

ブログの場合はレイアウトなどを再検討しないといけないし、メルマガは読者を1から集めなければならない。

Twitterの場合はすでに800人程度のフォロワーがいる。文字数の制限はあるものの淡々とサヤ取りの結果を配信すればいいので簡単である。もし文字数の制限が厳しければFacebookでの配信も検討している。

配信する内容はサヤ取りの結果のみにしようと思っている。これから仕掛けるペアを配信してもいいがそうなると自分だけ有料版のツールを購入した意味がなくなる。

どのような分野でもこういうことを検討し始めるとパフォーマンスが悪くなるものである。2018年2月仕掛け分のペアの結果から配信を開始しようと思ったが、やはり最初の2、3ペアは仕掛けてからサヤが開き、含み損が生じている。

とはいえ、悪い結果も含めて配信するからこそリアリティが出て信憑性が高まるのである。まずはどんなに損失が出てもそのままの結果を配信していこうと思う。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める