日商70万円越えかと思ったらカナダで大量キャンセル

Pocket

2018年1月にアメリカAmazonで過去最高の日商4000ドル越えを達成した。そしてその同日にカナダAmazonで日商3000ドルを達成したかと思われた。合計日商70万円を超えたかと思われた。しかし、カナダAmazonで日商3000ドルがすべてキャンセルされ、日商70万円越えは幻となった。

日商70万円越えかと思ったらカナダで大量キャンセル

幅魔王は2013年7月よりGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。そして、2016年10月に脱サラして物販ビジネスを専業としてやるようになった。

物販ビジネスで日商・月商ともに過去最高の記録をたたき出したのは脱サラしたすぐ後の2017年1月であった。このときは月商300万円を超えた。そして、アメリカAmazonでの日商4000ドルを超えた日があった。

その後2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあったため、その後売上が低迷した。しかし、2017年11月にはアメリカAmazonだけで月商2万ドル越えを達成し、売上が徐々に戻ってきた。

そして、2018年1月またアメリカAmazonだけで月商2万ドル越えを達成した。さらにはアメリカAmazonだけで過去最高の日商4320ドルを達成した。

その同時にカナダAmazonでも日商3000ドル越えを達成したかのように思われた。しかし、残念ながら1週間後くらいにカナダAmazonでに売上がキャンセルされ、アメリカとカナダでの合計日商70万円越えは幻となってしまった。

大量返品されるくらいならば大量キャンセルのほうがまし

日商70万円越えとなると月商に換算すると月商2000万円越えのペースとなる。月利10%という薄利のビジネスだったとしても月利200万円を超えてしまう。

このペースで毎日売れ続けることはまずありえないし、そもそもこのペースで売れ続けると在庫補充が間に合わない。とはいえ、個人でやっているビジネスとしては日商70万円ごえとなると自分でも驚くぐらいとんでもない領域である。

しかし、残念ながらカナダAmazonの売上はキャンセルされてしまった。

それでも大量に返品されるよりはましである。大量に販売不可の状態で返品されてしまった場合、大量の売上が大量の損失に転じてしまう。

今回アメリカAmazonとカナダAmazonで大量の売上が上がったが、いずれも1つの注文で大量の商品が注文された。当然のことながら大量の商品が返品されるリスクを伴った状態での注文となる。

アメリカAmazonは大量に返品される可能性はまだ残っているが、カナダAmazonはすでにキャンセルされてしまった。大量に返品される可能性はなくなった。そう考えると大量にキャンセルされたのは不本意ではあるものの販売不可の状態で大量返品されるよりはましであることがわかる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める