会社員が快適な人はたまたまいい環境にいるだけ

Pocket

幅魔王は2016年10月に脱サラしてから1年以上が経過した。脱サラしたことによる唯一の不安は金銭的な問題だけであり、それ以外のことに関しては会社員時代に比べて圧倒的に幸福度は増したといえる。しかし、会社員の中には会社員であることが快適であるという人もいるらしい。

会社員であることが快適である人もいるらしい

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。脱サラしたことによって会社からの安定収入を失うので、当然のことながら金銭的な心配は増える。

しかし、金銭的な問題以外でストレスを感じることがなくなり、圧倒的にストレスが減ったと言える。

・寒い日も暑い日も決められた時間に満員電車に乗って出勤する必要がなくなった
・仕事でミスをしていないかとか取引先から苦情が来ていないかなどびくびくしながら大量のメールを毎朝チェックする必要がなくなった
・上司に常に監視されている状況下でびくびくしながら仕事をする必要がなくなった
・半年ごとに無意味な目標設定のために上司と面談し、上司に無意味な叱責を受けることがなくなった
・取引先へのプレゼンに関して上司や先輩からダメ出しされることがなくなった
・参加したくもない飲み会に強制参加させられ嫌な同僚と絡む必要もなくなった
・残業している同僚の目を気にしながら無意味に後ろめたい気持ちになりながら退社する必要がなくなった
・半年ごとに転勤を伴う人事異動におびえることがなくなった

脱サラするとこれだけのことがなくなるのである。会社員時代に比べて圧倒的に毎日の幸福度は増したといえよう。

しかし、それでも会社員のほうがいいと主張する人がいるのである。非常に驚きである。

会社員が快適な人はたまたまいい環境にいるだけ

会社員のほうがいいと主張する人の意見としてよくあるのが、「決められたことだけやっていてこれだけの収入を得られる」というものである。

確かに会社員であれば会社からの安定収入があるので金銭的な心配は減る。しかし、多くの会社員は金銭的な心配と引き換えにありえないレベルのストレスを感じることを余儀なくされている。

会社員であることが快適であると主張する人はたまたま今快適な環境にいるだけである。

幅魔王の場合も脱サラする2年くらい前に海外研修に行った。海外研修では1人部屋で仕事ができて、仕事のノルマも月1回の上司への月報と帰国後の発表だけだった。このような環境で定年まで働ければ脱サラなどする必要もなかった。

参考記事:幅魔王を海外研修に行かせてはいけなかった

会社員であることが快適であると主張する人は海外勤務であることが多い。海外勤務だと1人部屋が与えられたり、そうでなくても上司からの監視があまりない場合が多い。海外勤務の手当てが出て会社の経費で色々なことができる人も多い。

しかし、このような人はごく一部である。海外勤務は長くても5年くらいであり、日本での勤務が始まれば会社員生活が地獄であることを再認識するはずである。

会社員というのは働く環境を自分で選ぶことができない。会社員であることが快適であると主張する人はたまたま今働く環境が恵まれているだけである。会社から人事異動の通告があれば地獄に逆戻りする可能性は高い。どう考えても脱サラしたほうが幸福度が増すことは間違いない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める