ANAJCBカードの枠が中途半端に増加

Pocket

2017年12月に物販ビジネスで大量の仕入れをしようとしたところ、クレジットカードの限度枠に引っかかった。限度枠が50万円しかないANAJCBカードからアメックスへの変更を検討していたところ、ANAJCBの限度枠が70万円まで増加したとの連絡があった。

ANAJCBカードの枠が中途半端に増加

幅魔王は2013年7月よりGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきた。

VBCでは商品の仕入れをクレジットカードを使用して行っている。幅魔王は2017年5月にビジネスを法人化した。法人化に伴って楽天ビジネスカードとANAJCBカードを申し込んだが難なく審査に通過した。

参考記事:法人化してすぐに申し込んでが2つの法人カードの審査に通った

法人化してから半年くらいは物販ビジネスが低調で仕入れもそれほど多くならなかった。楽天カードの限度枠が300万円あるため、限度枠の問題は生じなかった。

しかし、2017年10月くらいから特にアメリカAmazonでの売上が伸びて仕入れが増えてきた。そしてついに2017年12月に楽天カードも限度枠に達して仕入れができないという事態が生じた。

参考記事:物販の好調でクレジットカードの限度額で引っかかる

限度枠が50万円しかないANAJCBからアメックスへの切り替えを検討していた中でANAJCBから連絡があった。限度枠が50万円から70万円に増加したとのことであった。

次に仕入れが増えたときにアメックスに切り替えか

ANAJCBカードの限度枠は増加したものの50万円から70万円という何とも中途半端な増加である。このまま順調に仕入れが増え続ければこの限度枠では明らかに足りない。

しかし、物販ビジネスの好調はそう長くは続いていない。

というのも2017年12月前半までは売上が順調に上がっていたが、徐々に在庫が切れ始めた。

在庫切れによる機会損失もあるが、アメリカAmazonでは在庫が切れてしまうと検索順位が下がってしまう。そうなると在庫を補充してからも売上が回復するまでに時間がかかる。

2017年12月後半から売上が激減し、特に年末は1週間の間ほとんど売上が0であった。

年が明けてから少しずつ売上は回復しつつあるが、在庫を大量に仕入れたことによって追加の仕入れをするのはまだ先である。

次の在庫を仕入れるまでにクレジットカードの限度枠が回復する可能性も高まってきた。となるとまだANAJCBからアメックスへの切り替えの時期ではないであろう。

アメリカAmazonの売上が回復し、2017年11月の月商2万ドル越えがまぐれではないことがわかってからアメックスへの切り替えをしようと思う。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める