年収900万円家族は破たんするらしい

Pocket

年収900万円の家族は破たんするという記事を見つけた。年収900万円でも高いマイホームを買ったり子供を私立に入れたりするなど見栄を張るための出費が増えると破綻するということである。そうであるならば脱サラしたほうがいいのではないだろうか?収入は下がるかもしれないが見栄を張るための出費が一切不要になる。

年収900万円家族は破たんするらしい

「年収900万円家族」は一歩間違えば破綻するという記事を見つけた。

幅魔王は会社員時代の最後の年は年収900万円まで行かず、確か800万円くらいだった。年収800万円もあれば十分な貯金ができるはずである。

それどころか幅魔王は物欲があまりないので、初任給の月収20万円くらいのときから貯金ができていた。

参考記事:月収20万円のときでも月5万円は貯金できていた

初任給の時から貯金ができていた人間からすれば年収900万円ではどうやって破綻するのだろうと思い、記事を読んでみた。

どうやら年収900万円でも7000万円の都心のマンションを購入したり子供を私立に入れたりすると出費がかさみ破たんするとのことである。

年収900万円で破たんするくらいなら脱サラしたほうがいい

なぜ7000万円の都心のマンションを購入したり子供を私立に入れたりと言ったことをするのだろうか?

他人に見栄を張りたいに他ならない。幅魔王は脱サラしたが会社員時代の飲み会というのはまさに見栄の張り合いの場である。

会社員には何歳で結婚して、何歳で子供ができて、何歳でマイホームを買って、子供を私立に入れるという成功モデルが刷り込まれている。だからこそ、本来は賃貸でいいかもしれないし、都心から少し離れたところでもいいのに無理して7000万円のマイホームを買ってしまう。

子供を私立に入れたとしても結果的に会社員としてどのように立ち振る舞うかの教育レベルがあがるだけである。脱サラした後の経営者としての教育は私立の学校に行って学歴の高い大学行っても受けることはできない。

幅魔王は脱サラしたことによって会社からの安定収入を失った。900万円もなかったとはいえ、これだけの安定収入を失うのは痛いと思う人もいるかもしれない。

しかし、脱サラすると見栄を張るために出費が増えるということはなくなる。年収900万円もあって破綻する人もいるくらいならば脱サラしたほうがいいのは言うまでもない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める