今入ったほうが圧倒的に稼ぎやすいVBC

Pocket

幅魔王がGBC(現VBC)に入会して物販ビジネスを開始してから4年以上経過した。今からVBCに入会しても少なくとも幅魔王よりは後発組になってしまう。どんなビジネスでも後発組は稼ぎにくいといわれている。しかし、VBCでは初心者が稼げるようになるためのサービスが充実してきているため今入ったほうが稼ぎやすいと考えられる。

物販でも後発組は稼ぎにくいのだろうか?

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。2016年10月には10年近く勤務した大手企業を退職し、物販ビジネスを専業としてやるようになった。

幅魔王は物販ビジネスを開始して初めて月商100万円に行くようになったのは2014年12月であり、開始から1年半経過した時のことであった。

センスのある人であれば物販ビジネスを開始してから3か月で月商100万円に行く人もいる。幅魔王はどちらかというと物販のセンスがないほうであるといえよう。

しかし、センスのない幅魔王でも物販ビジネスで毎月月商100万円以上、月利数十万円を叩き出せるようになり、脱サラに成功した。

つまり、GBC(現VBC)は明らかに大成功を収めた組織と言って過言はないであろう。

幅魔王のようにセンスのない人でも稼げるようになったのは始めた時期がよかったからなのだろうか?今から物販ビジネスを始めるとなると少なくとも幅魔王よりは4年以上も遅れを取ることになってしまい、明らかに後発組になってしまう。

どんなビジネスでも後発組は稼ぎにくいと言われている。果たして物販でも後発組は稼ぎにくいのだろうか?

今入ったほうが圧倒的に稼ぎやすいVBC

今からVBCに入会した場合、少なくとも幅魔王よりは圧倒的な後発組になってしまう。それでもGBCが発足した2013年7月当初よりも今入会したほうが圧倒的に稼ぎやすいと考えている。

というの物販ビジネスというのは物々交換の時代から数千年の歴史がある。今入会しようが5年前に入会しようが後発組であることには変わりはない。

センスのない幅魔王ですら稼げるようになったことからもわかる通り、物販ビジネスは未だに飽和していないビジネスと言える。

そして、VBCは発足当初からノウハウを蓄積して生きているので、発足当初よりも明らかにサポートが厚くなっている。特に初心者が稼げるようになるためのノウハウはここ最近非常に充実してきている。

さらには発足当初よりも人数を絞ってきているので1人1人に対するサポートも手厚い。入会すると代表とコンサルを実施し、その人に合った方向性で物販ビジネスを進めることができる。

幅魔王は月商100万円に到達するまでに1年半かかった。しかし、ここまでサービスが充実していればセンスのない幅魔王でも月商100万円まで1年かからなかったかもしれない。

今VBCに入会したとしても他の会員に比べると圧倒的な後発組になってしまう。それでもVBCに限って言えば後発組のほうが圧倒的に稼ぎやすいかもしれない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める