物販の好調でクレジットカードの限度額で引っかかる

Pocket

2017年11月の物販ビジネスでは特に北米Amazonで売上が急上昇した。それに伴って2017年12月は仕入れが増加した。仕入れにクレジットカードを使っているがついに限度額に引っかかってしまった。

物販の好調でクレジットカードの限度額で引っかかる

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始している。

そして、2017年1月に過去最高の月商300万円を突破した。売上が上昇するということは同時に仕入れも増えることになる。

2017年1月、2月にはクレジットカードの限度額で引っかかり、繰り上げ返済をしてクレジットカードの枠を空けたことがあった。

その後売れ筋商品のモデルチェンジがあり、新規カタログでの販売に切り替えたためなかなか売上が伸びてこなかった。仕入れもそれほど増えなかったため、クレジットカードの限度枠の問題は半年以上起きなかった。

しかし、2017年10月から売上が伸び始め、仕入れも増加した。そして、2017年12月にまたクレジットカードの限度額で引っかかり仕入れができないという事態が発生した。

クレジットカードの限度額で仕入れが滞ると在庫切れによる機会損失が発生してしまう。一方で、クレジットカードの限度額で引っかかるということはそれだけ物販ビジネスが好調であるということである。非常に複雑な気分であった。

繰り上げ返済分をすぐに振り込んで翌日に限度枠が回復

幅魔王が法人で保有しているクレジットカードは楽天カードとANAJCBカードである。楽天カードは個人で300万円の枠があり、それを引き継いでビジネスカードを作成した。ANAJCBカードは個人で100万円の枠があったものの楽天カードと違ってそれを引き継ぐことはできず新規に作成した。そのため、ANAJCBカードの枠は50万円であった。

ANAJCBカードの枠が50万円と非常に少ないものの楽天カードの枠が300万円もあったのでそう簡単には限度額で引っかかるものはないと思っていた。

しかし、日米のAmazonで売上が好調だったこともあり、一気に仕入れ額を増やしたらあっという間に両カードの限度額に到達して仕入れができなくなってしまった。

限度額が無限にあるアメックスカードやダイナースクラブカードを保有していてもよかったが両方とも年会費が高い。ということで楽天カードとANAJCBカードが限度額に達するともはやクレジットカードでの仕入れはできなくなってしまう。

そこで幅魔王は楽天カードに電話をして繰り上げ返済をすることにした。金曜日の2時過ぎに電話をしたので、枠が空くのは早くとも次の週の月曜以降だと思っていた。しかし、幸運なことにクレジットカードの枠は翌日土曜日に空いた。どうやら電話をしてすぐに所定の銀行に振り込んで繰り上げ返済すると次の日には限度枠は回復するらしい。

クレジットカードが限度額に達した場合に翌日にはすぐに回復することがわかった。それでもいちいち電話をして繰り上げ返済をするのも面倒なのでもう少し限度枠の大きいアメックスカードに申し込もうか検討中である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める