脱サラした人間からすれば10連休にならないでほしい

Pocket

どうやら2019年以降5月1日が祝日になるという話が進んでいるらしい。そうなると5月のGWは10連休になるとのことである。会社員時代であれば大いに喜ばしいことであったが、脱サラした人間からすれば10連休にはならないでほしいと思っている。

会社員時代であれば10連休を大いに喜んだが

天皇陛下が退位することに伴い、2019年以降5月1日が祝日になるとの話が進んでいるとのことである。さらにはそれに伴ってGWが10連休になることについても検討されている。

5月1日即位でGW「10連休」 2019年、政府検討へ 「休日」と「祝日」で違いも

 政府は、平成31(2019)年4月30日の天皇陛下の譲位に伴い、皇太子さまが即位され、改元される5月1日を「祝日」か「休日」にする方向で検討に入った。即位に伴う儀式などの準備のため、年明けにも設置する菅義偉官房長官をトップとした組織で具体的な検討を行った上で来年中に必要な法案を政府提出で成立させる方針だ。

 祝日法に基づき「祝日」とした場合は前日と翌日も休みとなり、4月27日から5月6日まで10連休となる。「休日」ならば前後は平日のままで飛び石連休となるため、10連休にできないかも含めて検討するとみられる。

会社員時代であれば非常にこれは喜ばしいことであった。ただし、幅魔王が以前勤務していた会社ではもともと4月30日、5月1日、2日は会社全体が休みになったので長期休暇になっていた。そのため、あまり変化はなかったであろう。

4月30日、5月1日、2日が自動的に休みになっていない会社の従業員にとっては非常に喜ばしいことであることは間違いない。

問題点があるとすれば連休によって仕事が溜まってしまい、連休後の絶望感が倍増することくらいであろう。

脱サラした人間からすれば10連休にならないでほしい

脱サラするともはや祝日などあまり関係なくなる。むしろ10連休になると不都合なことが色々現れる。

まず、祝日になってしまうと株式相場が動かなくなってしまう。株のサヤ取り投資をやっている幅魔王としては非常に退屈な日々を過ごすことになる。

そして、祝日になると外に出かけるにしても混雑が激しくなる。脱サラした以降はできるだけ土日には外出しないようにしているが、株式相場も開いていないのでものすごく暇である。10連休ともなればさすがの幅魔王も暇に耐えられなくなる可能性もある。

さらには10連休となれば海外旅行に行く人も増えるので飛行機が取りにくくなり、飛行機代が上がってしまう。

10連休で暇になるので物販の仕入れのために海外に行くという選択肢もあるが、マイルで飛行機が取れないとなるとこの時期に行くのも気が失せる。

会社員にとっては10連休になるのは喜ばしいが脱サラした身からすると10連休になるのは不都合ばかりである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める