利益が出ても源泉徴収されない投資はしたくない

Pocket

FXや仮想通貨で儲かっている人の話を聞くことがある。一時的に大きく儲けているというわけではなく、サヤ取りの仕組みを使って自動売買をして儲けている人もいるらしい。確かに手堅く稼ぐことはできるかもしれない。しかし、利益が出ても確定申告しなければならない投資はどうもやる気が起きない。

FXや仮想通貨のサヤ取りも面白そうだが

幅魔王は2016年3月より株のサヤ取り投資を実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄を抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。

この株のサヤ取りであるが、非常に手堅い投資手法であることがわかる。通常の買いまたは売りの一方にしか入れない片張り投資の場合、相場全体が暴落暴騰した場合に損益が大きな影響を受ける。

しかし、サヤ取りの場合は相場全体が暴落しようが暴騰しようがあまり関係ない。一度の取引で大きな利益を出すことはできないもののリスクを最小限に抑えつつ着実に資産を増やすことができる投資手法である。

はっきり言って株のサヤ取りさえやっておけば他の投資手法はやらなくていいと言っても過言ではない。だから幅魔王はここ1年以上株のサヤ取り以外の投資にはほとんど興味がなくなっている。

そのような中でFXや仮想通貨で儲かっている人に話を持ち掛けられることがよくある。話をよく聞いてみるとFXや仮想通貨でもサヤ取りの仕組みを活用して自動売買をしながら手堅く資産を増やしている人もいる。

FXや仮想通貨は一時的には大きく稼げるかもしれないがリスクが大きいというイメージがあった。しかし、サヤ取りの仕組みを活用すればFXや仮想通貨でも手堅く稼げるのかもしれない。

利益が出ても源泉徴収されない投資はしたくない

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取りを1年半近くやっているが、それでもいまだにテスト段階であるといえる。リスクを抑えながら少しずつ利益を上げているが、ルールを少しずつ修正することによってまだ手堅く利益を増やせるであろうと考えている。

一方で、FXや仮想通貨で稼いでいる人は半年ぐらいの取引結果を見せてもらったことがあるが、株のサヤ取りよりも利回りがいい。FXや仮想通貨のサヤ取りにも一瞬ではあるものの興味が出てきたことは否定できない。

しかし、それでも実際にはやる気にはならなかった。

というのもFXや仮想通貨は自動的に源泉徴収される仕組みが整っていないからである。

株の場合は特的口座で取引すれば利益が自動的に源泉徴収される。損失が出れば逆に税金が自動的に還付される。いくら利益が出ようとも確定申告の必要はない。

一方でFXや仮想通貨など源泉徴収の仕組みが整っていない投資に手を出してしまうと利益が出ても自分で確定申告する必要がある。手間がかかるのは当然のことであるが、毎年税金のことを考えながら資金管理をする必要がある。大きな利益が出たからと言って浪費してしまったり大量に再投資したりした後に多額の税金を差し引かれると資金繰りが苦しくなることもある。

利益が自動的に源泉徴収されるという点からも株のサヤ取りに勝る投資手法は今のところ思いつかない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める