社内の他部署に謝罪に行ったときの上司の対応に疑問を感じた

Pocket

幅魔王が脱サラする1年位前に上司がグループ会社に謝罪しに行くレベルのミスが発覚した。グループ会社に謝罪に行く前に自分の会社内の他部署にまず謝罪に行ったがその時の上司の対応には大きな疑問を感じた。

社内の他部署とグループ会社に謝罪しなければならないミス

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラした。その1年くらい前に脱サラへの決意を決定的とする事件があった。

参考記事:幅魔王の脱サラを決定的にした事件2

簡単に言えば、部長と課長がグループ会社に謝罪に行くレベルのミスを犯したことが発覚したのである。

このミスはグループ会社だけでなく、社内の他部署も絡んでいた。そのため、まずグループ会社に説明しに行く前に社内の他部署に状況説明と謝罪にいくことになった。

まず最初に社内の他部署へ赴いた。その時はまだ部長は絡んでおらず、課長と担当者だけで行くことになった。

その後、社内の他部署と一緒にグループ会社へ行くことになったが、グループ会社への謝罪は部長が「本件は担当者ではなく上長が行くべきではないでしょうか?」という提案をした。これよって、説明資料や謝罪文は作らされたがグループ会社への謝罪には行かずに済んだ。

社内の他部署に謝罪に行ったときの上司の対応に疑問を感じた

このように社内の他部署への謝罪は課長と担当者だけで行ったわけであるが、このときの課長の対応には疑問を感じざるを得なかった。

課長には2、3日しかないのでまず早急に説明資料を作ることを指示された。しかし、説明資料の内容について打ち合わせをしただけで、当日の段取りについては何も言われなかった。

そして、当日を迎えたが上司が謝罪の言葉も言わずに「まず担当者から状況を説明します」とだけ言った。そして、幅魔王が状況説明の資料を使って状況を説明した。社内の他部署側の上司から「状況はわかったが謝罪の言葉がない」という叱責を受けた。そう言われた後自分の部署の課長がおどおどしながら「当然今回の件は申し訳ないと思っていますし、・・・」と謝罪を始めた。本来部下である自分も謝罪の言葉を言わなければならなかったが、状況が状況だけに固まって何も言えなかった。

次の週に上司に会議室に呼ばれ、グループ会社への謝罪について色々と話し合ったが、「先週他部署に行ったときに、俺は上司として謝罪の言葉を言ったけど、君から謝罪の言葉がなかったのはまずいのではないか?」と叱責された。

確かに部下である自分が謝罪の言葉がなかったのはまずかったかもしれない。しかし、一番問題なのは上司が何の段取りもなく他部署に行ってしまったことである。段取りがなかったとしても冒頭で上司が「今回の件は申し訳ございませんでした。部下から状況を説明します。」と言っていれば他部署から何も叱責はなかったのではないだろうか?

しかも、上司は「俺は謝罪した」と言っているが、それは他部署から指摘されておどおど謝罪しただけである。決して褒められる行為ではない。

そもそもグループ会社への謝罪は担当者行かずに部課長だけで行くことになったレベルの事案である。上司としては自分が謝罪しなくても部下が自発的に謝罪の言葉を発することを期待していたのかもしれないが、ミスを犯した身としてはもはや憔悴しきって固まっている状況である。部下から謝罪の言葉がなくとも上司が率先して謝罪するべきではないだろうか?

課長の行為には大いに疑問を感じざるを得なかった。そして何より、こんな上司がいてこんな状況に陥る可能性のある会社を辞めて脱サラして本当によかったと心から思っている。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める