会社を辞めるときは意外と”お礼参り”をする気にはならない

Pocket

幅魔王の退職がオープンになった後に先輩から「お礼参りはしたのか?」と言われた。さらに間髪を入れずに「お前お礼参りに意味はわかってるんだろうな?退職時に恨みのある同僚に復讐をしに行くことを言うんだ。俺にお礼参りしに来るなよ」と言われた。会社を辞めるときは意外にもお礼参りする気にはならない。

退職前にお礼参りはしたのかと先輩に言われ

幅魔王は2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職し、脱サラした。

幅魔王が退職することは2016年8月ころから職場でオープンになった。退職がオープンになった後、色々と仕事にうるさい先輩と出張に行く機会があった。

出張の帰りに先輩から「お前お礼参りはしたのか?」といきなり言われた。いきなり言われたので、答えに困っていると間髪を入れずに「お前お礼参りに意味はわかってるんだろうな?退職時に恨みのある同僚に復讐をしに行くことを言うんだ。俺にお礼参りしに来るなよ」と言われた。

お礼参りというのは職場でお世話になった人にお礼を言って回るというのが元の意味かもしれないが、いつからか職場や学校などで辞める直前、辞めた後に恨みのある人に復讐して回るという意味に転じてしまったらしい。

会社を辞めるときは意外と”お礼参り”をする気にはならない

会社員生活を10年以上していると嫌いな人など何人もいる。中には殺意を覚えるほど嫌いな人もいる。というか殺意を覚えるというと極端な表現かもしれないが、10年も会社員生活をしていて殺意を覚えるほど嫌いな人がいないほうがおかしいのではないだろうか?

今思えば、幅魔王の場合は”お礼参り”をしたい人と言えば、上司を始め、取引先、同期など何人もいたかもしれない。

参考記事
本社の人間を下に見る子会社のとりまとめ
上司に激高したいけどできない場合は半年間休職後退職
なぜ会社員は嫌な人ばかりなのか
入社する前から殺意を覚えるくらい嫌な同期がいた
もう1人の殺意を覚えるほど嫌いな同期は酒癖が悪かった

しかし、いざ会社を辞めるとなるとお礼参りする気にはならない。

というのもどんなに性格の悪い人でも会社を辞める同僚に対しては優しくなるからである。

大手企業を辞めるということは大手企業の会社員というブランドと安定収入を失うことを意味する。どんなに性格が悪くて、会社員時代に幅魔王に対して嫌がらせをしてきた人間であっても会社を辞めるということになれば幅魔王に対して憐れみを感じるのかもしれない。

しかし、幅魔王の場合はすでに副業である程度稼いでいた状態で脱サラすることになった。会社を辞めた後もある程度やっていける見込みは既に立っていた。そして、何よりも会社員としてのストレスから解放される。

会社の同僚は安定収入を失う幅魔王に対して憐れみの感情を抱いていたのかもしれないが、幅魔王は逆に今後も会社に縛られて生きなければならない会社の同僚に対して逆に憐れみの感情を持っていた。それと同時に同僚に対して優越感すら持っていた。

会社員時代は殺意を覚えるほど嫌いな同僚は何人もいたが、いざ会社を辞めるとなると”お礼参り”をする気にはならないものである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める