11月最終日に日商3000ドル突破

Pocket

2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった物販ビジネスであるが2017年10月以降売上が回復しつつある。2017年11月はアメリカAmazonだけで月商2万ドルを突破し、さらには最終日の30日には日商3000ドルを突破した。

11月最終日に日商3000ドル突破

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

そして、2016年10月に脱サラし、物販ビジネスを専業としてやるようになった。2017年1月には過去最高の月商300万円を記録した。その時はアメリカAmazonで日商4000ドルを突破する日もあった。

しかし、2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった。その後、モデルチェンジ後の商品とOEM商品の販売を開始したものの、販売実績もレビューもない状態での販売であったため、なかなか売上が回復してこなかった。

それでも2017年10月からようやく売上が回復し始め、2017年11月にはアメリカAmazonだけで月商2万ドルまで売上が回復した。さらに、11月の最終日の11月30日には日商3000ドルを突破した。

過去最高の月商300万円突破は時間の問題となってきた。

こんなに売れるとは思っていなかったので在庫の仕入れが追い付かず

2017年11月は1000ドル以上の注文が延べ3回キャンセルされた。それでも最終日に日商3000ドル以上を記録し、月商2万ドルを突破した。

参考記事:1週間で1000ドル以上のキャンセルがのべ3回

12月はもっと売り上げたいと思っているがそういうわけにもいかない。というのも、2017年11月のアメリカAmazonでの売上は前月の1万2千ドルから2万1千ドルとなり、ほぼ倍増している。

販売している商品のほとんどが新規カタログの商品でほとんどレビューがついていない。さすがにここまで売上が上がるとは思ってもいなかった。

そのため、12月を迎えるときにすでに在庫切れ寸前になっている。12月になって在庫の補充を依頼したが、在庫が到着するのは12月の終わりごろであろう。となると12月は売上は減ってしまうことは間違いない。

在庫切れの期間が長くなり、Amazonでの検索順位が下がってしまい、在庫が届いてもしばらく売れないという事態だけは避けたいものである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

オリジナルブランド販売戦略サポートプログラム

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める