資産が増加し続けても不安にならないサヤ取り

Pocket

2017年9月以降株価の上昇で資産を増やした人も多いかもしれない。しかし、買いだけしかしていない場合、いつ株価が下がるかわからない。仮に資産が増えても不安になってしまう。一方で、サヤ取りの場合、日経平均が上がろうが下がろうが関係ない。仮に勝ち続けても不安はない。

株価の上昇で資産が増加してもいつまで続くかわからない

2017年9月以降株価が上昇を続けている。バブル以降の最高値を更新するなど異常な上昇を続けている。

株価が上昇すると不動産や原油先物や投資信託など株以外の各投資案件の価格も上昇するものが多い。

投資をしている人であれば資産が増加した人も多いかもしれない。

資産が増加すると気分がよくなるものであるが、その一方で不安でもある。というのもここまで株価が上昇するとその反動がそろそろ来るのではないかと思ってしまう。

現物や買いでしか投資をやっていない人は売り時で迷っている人も多いかもしれない。早く売ってしまった人はもう少し待っていればと思ったかもしれない。逆に保有しすぎると今後大暴落が来た時にもっと早く売っていればと思う可能性もある。

いずれにしても株価の上昇が今後永遠に続くはずはないので、現物や買いで資産を保有している人もいつかは資産が減少に転ずるはずである。

資産が増加し続けても不安にならないサヤ取り

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取りを実践している。サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄を抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。

つまり、買い建てと売り建てをペアで仕掛けてペアで決済する投資手法である。そのため、買い建ては大きくプラスになったペアが多かったがそれと当時に売り建ては大きくマイナスになったペアが多かった。サヤ取りを中心にやっているので、2017年9月以降の日経平均が上昇した恩恵はあまり受けていない。

それでも2017年9月からプラスが続いている。特に2017年11月後半はサヤが閉じるペアが続出し、資産の増加が続いた。

サヤ取りの場合、日経平均が上がろうが下がろうがあまり関係ない。株価が暴落しても資産が大きく減ることはない。

現物株や買いだけで投資をやっている人は自分の資産が大きく増えた場合、暴落が来るのではないかと不安になる。しかし、サヤ取りはそういった心配はない。片張りほど資産が増えるスピードは速くないが、コツコツとコンスタントに資産を増やすことができるのが魅力である。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める