2017年11月は資産は微増 2年11か月のまま変わらず

Pocket

2017年11月は久しぶりに資産が増加した。物販ビジネスとサヤ取りの好調もあったが、前月分のクレジットカードの請求が少なかったことも大きい。12月以降は資産を増加させ、生き残れる期間も増加させていきたいところである。

2017年11月は資産は微増 2年11か月のまま変わらず

脱サラすると会社員時代の様々なストレスから解放される。一方でそれと引き換えに会社からの安定収入を失う。脱サラすると気になるのが「もし無収入が続いたとしてあとどのくらい生き残れるのか」ということである。

2017年10月時点で2年11か月であったが、翌11月は資産が微増し2年11か月のままであった。

幅魔王は2016年10月に脱サラして以降、物販ビジネスの好調もあり、2017年2月まで4カ月連続で資産が増加した。

しかし、その後物販ビジネスでの売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が激減してしまった。そのため、2017年10月まで9カ月連続で資産が想定以上のペースで減少し続けた。

2017年10月になってようやく物販ビジネスでの売上が回復してきた。そして、翌11月にはアメリカでの売上が2万ドルまで回復した。

11月分の売上の振り込みは翌月になってしまったが、それでも10月分の仕入れが少なかったことによってクレジットカードの請求が少なく、11月は資産が微増するという結果になった。

物販ビジネスとサヤ取りの好調は続くか

物販ビジネスの好調も大きいがサヤ取りの好調も大きい。2017年9月から11月まで3カ月連続でサヤ取りがプラスになり、プラス幅も徐々に上昇している。

そして、11月はサヤ取りで現金も増えたがそれと同時に大きな含み益をもって12月を迎えることができた。

11月は物販ビジネスの好調も相まって仕入れの量も増やした。その請求が来るのが12月である。

しかし、仕入れも増えた一方で売上も増えたのでうまく行けば12月も資産の減少を回避し、場合によっては2か月連続で資産を増加させられるかもしれない。

今後も物販ビジネスとサヤ取りの好調が続けば会社からの安定収入がなくとも永遠に生き残り続けることができる仕組みが徐々に出来上がっていくことであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める