経済危機に備えたければ空売りすればいい

Pocket

2017年11月に日経平均はバブル後の最高値を更新した。その後株価は少し落ち着いたがまだかなり高値を付けている。ここまで株価が上がるといつ暴落が来るのかと不安に思う人もいるかもしれない。「経済危機に備えて現金を何に変えておけばいいのか」という質問をよく耳にする。しかし、いつも疑問なのがその回答に「株を空売りすればいい」がないことである。

経済危機に備えて何をすればいいのか

2017年9月以降株価は急激に上昇し、2017年11月までに日経平均はバブル後の最高値を更新し続けてきた。

2017年11月になってようやく調整局面に入り、株価は落ち着いてきたもののまだかなり高い水準にある。

ここまで株価が上がるとその反動を不安視する人も多い。そして、北朝鮮は定期的にミサイルを発射し、トランプがいつ北朝鮮を攻撃して戦争に突入するかもわからない。

このような状況下でよく聞かれるのが「経済危機に備えて現金を何に変えておけばいいですか?」という質問である。

経済危機で株価が暴落するのであれば現金を持っていればいいだけの話であるが、もしハイパーインフレということになれば現金だけ持っていたのでは目も当てられない。

となると株だけでなく、不動産、金、先物、原油などどれに入れておけば安泰か右往左往する人が多くなる。

経済危機に備えたければ空売りすればいい

「経済危機に備えて現金を何に変えておけばいいですか?」の回答で不思議なのは「株を空売りすればいい」というのがないことである。

経済危機が起きればハイパーインフレが起きたときを除いて株価は暴落する。ということは株を空売りしておけば資産が減らないどころか莫大な利益を上げることができる。

株の空売りはリスクが無限大で信用取引が怖いからできないという人もいるかもしれない。しかし、「日経平均ダブルインバース」のように日経平均に反比例し、現物買いで持つことが
できる銘柄もある。こういう銘柄を買っておけば空売りしたのと同様の効果を得ることができる。

経済危機が起きて株価が暴落せずにハイパーインフレが起きた場合は逆に株価は暴騰するかもしれない。そういう場合は株を空売りしていると逆に目も当てられない状況になる。

基本的には経済危機に備えて株を空売りしておけばいいのであるが、やはり相場全体の変動に関係なく少しずつ稼ぐことができるサヤ取りを継続することが経済危機に備える最適な手段であることは間違いないであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める