ebayとAmazonの連動ツールを見つけたので日本より先に開始

Pocket

2017年3月以降、売れ筋商品のモデルチェンジがあり、物販ビジネスでの売上が低迷していた。しかし、2017年10月になって、日米のAmazonでの売上がそれぞれ伸び始め、再び過去最高の月商300万円も見えつつある状態になった。今後の目標はAmazon一極依存からの脱却である。

Amazonで売上を安定化させた後はAmazon一極依存からの脱却が課題

幅魔王は2013年7月からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきた。2016年10月に脱サラし、2017年1月に過去最高の月商300万円に到達した。

しかし、2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、それ以降売上が低迷していた。

それでも2017年10月になって北米Amazonの売上回復と日本AmazonでのVBCのサポートを活用したOEM商品の販売強化によって月商200万円まで売上が回復してきた。

OEM商品の在庫を確保し、ラインナップをもう少し増やす予定なので、うまく行けば再び月商300万円に到達する日もそう遠くはない状況になってきた。

一方で、売上のほとんどをAmazonに依存している。幅魔王の場合、販売しているSKU数は少なく、OEM商品が中心になりつつあるため、商標権攻撃によるアカウント停止の可能性は限りなく低い。

とは言え、可能性がないわけではないため、Amazonでのアカウント停止に備え、Amazon以外の販路を確保したいところである。月商300万円が見えてきたところで次の目標はAmazon一極依存からの脱却である。

ebayとAmazonの連動ツールを見つけたので日本より先に開始

Amazon一極依存からの脱却のために最初に考えたのは楽天への販路拡大であった。

参考記事:Amazonの次のステップは楽天か

OEM商品の販売が軌道に乗り、安定して月商100万円を上げられるようになったらAmazonFBAと楽天との在庫連動ツールを活用して楽天への販路拡大を進めていこうと考えている。

一方で、アメリカでのebayでの販路拡大は在庫連動ツールにいいものがなく後回しにしようと考えていた。

参考記事:Amazonとebayとの連携はAmazonと楽天の後

しかし、月額30ドル程度で使うことができ、操作も簡単な連動ツールに関してVBCのメンバーから情報提供があった。日本語対応はしていないが、動画でのツールの説明があり、操作は簡単そうである。

これであればすでに月商100万円を突破しているアメリカAmazonに関してはすぐにebayとの連携を始めてもよい。

よい在庫連動ツールが見つかったため、これまで見合わせていたebayへの販路拡大を楽天よりも先に進めていこうと思う。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める