11/9 日本株乱高下の日は買いしかしていない人のコメントばかり

Pocket

2017年11月9日は終値だけを見ると株価はほとんど変化していないかのように見えた。しかし、午前中に株価が大きく上昇して日経平均がバブル後の最高値を更新した後、大きく株価が下落した。このときのヤフーのコメントを見ると買いだけで株をやっているとしか思えない人のコメントばかりであった。

11/9 日本株乱高下の日は買いしかしていない人のコメントばかり

2017年11月9日は終値だけを見ると株価はほとんど変化していないかのように見えた。しかし、場中の動きは非常に激しく、午前中に急上昇して日経平均がバブル後の最高値を更新したかと思えば午後には大暴落を予感させるようなペースで急に株価が下落した。

この日の株価の乱高下のニュースはヤフートップに出て多くの人がコメントを書いていた。

コメントの中で多かったのが株式投資はリスクが高く、難しいというものであった。確かにこれだけ1日の間に乱高下するのを読むことは難しい。

しかし、コメントを見ていて印象に残ったのが「株をやっている人は午前中は天国 午後は地獄」というものであった。

このコメントは株を買いでしかやっていない人のものである。信用の買い建てか現物しか株を持っていない場合は確かに午前中は資産が大きく増加した。一方で、株価が上がった段階でさらに買いを入れてしまうと午後は急に下落したのでまさに地獄となった。

しかし、空売り中心で株をやっている人は逆で午前中は株価が上昇して地獄だったが午後は逆に天国だったといえる。

他のコメントも株を買いだけしかやっていない人のものが多かった。なぜ空売りをする人がこうも少ないのだろうかと思った。

買いだけで株をやるのはリスクが高いと感じないのか

少なくとも日本では株価が継続的に上昇し続ける時代は終わった。ということは株を買いだけでやっていると近いうちに株価が下落して損失を出すことになる。

だからこそ株は買いと売りを組み合わせてやらないと継続的に利益を出すことができない。そのため、幅魔王は2016年3月から買いと売りをペアで取引するサヤ取りを実践している。

買いは最悪でも0円でありリスクは有限であるが、空売りのリスクは無限大である。だから空売りは怖いと主張する人もいる。そして、信用取引は3倍までレバレッジをかけられ、追証が発生する場合もある。だから信用取引は怖いという人もいる。

しかし、幅魔王にとってみれば株を現物だけでやっている人のほうがよほどリスクが高いのではないかと思う。

特に2017年10月のように株価が大きく上昇した時など現物だけでやっていた場合、その後に株価が下落した時に大きく資産を減らしてしまう可能性が高い。

株式投資でリスクヘッジをするためには買いと売りを組み合わせて取引するのは当然のことである。しかし、ヤフーのコメントを見て買いだけで株式投資をしている人が圧倒的に多いように感じたのは驚きであった。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める