1週間で1000ドル以上のキャンセルがのべ3回

Pocket

2017年11月はアメリカAmazonで日商3000ドルを突破したと思ったら2700ドル分の注文がキャンセルされた。その後、再び日商2000ドルを突破したと思ったらまた2000ドル近い売り上げがキャンセルされた。さらに後日同じ人が同じ商品を再注文したががそれもまたキャンセルされた。返品されるよりはましだがキャンセルした人は何がしたかったのだろうか?

1週間で1000ドル以上のキャンセルがのべ3回

幅魔王が2013年7月より継続している物販ビジネスであるが、アメリカでAmazonでの売上が上昇し、2017年1月に過去最高の月商300万円に到達した。

しかし、2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、その後半年以上売上が低迷していた。

それでも2017年10月になってアメリカAmazonの広告を活用するようになってから売上が少しずつ増えてきた。

そして、2017年11月に久々にアメリカAmazonで日商3000ドルに到達したかのように思われた日があった。

しかし、その数日後に売上のうち2700ドル分の注文がキャンセルになった。

さらにその数日後には日商2000ドルに到達したかのように思われた日があったが、またもや2000ドル近い注文がキャンセルになった。注文をキャンセルした人はキャンセルになるのと同時に同じ商品を再注文してくれたがその再注文もまたキャンセルされた。

11月前半だけでのべ3回も日商1000ドル以上の注文がキャンセルされた。異常としか言いようがない。

キャンセルした人は何がしたかったのか

注文キャンセルは返品とは違ってキャンセルされた商品を再販売することはできる。しかも、今回は在庫を切らしそうな状態でのキャンセルだったので、キャンセルされたことによって在庫切れにならなかった。

とは言え、2017年6月にも大量キャンセルがあったときはそれ以降、売上が伸び悩んだ。大量注文があるとキャンセルされるまでの間に在庫切れになった商品もあったので、その分機会損失が生じてしまった。

返品ではないとはいえ、大量キャンセルで被害がないわけではない。

これだけ大量にキャンセルされるとさすがに憤りを感じざるを得ない。キャンセルした人は行った何がしたかったのだろうか?

FBAの出荷が遅すぎてキャンセルしたのかそれともクレジットカード以外の支払い方法を選択して支払いをせずに自動キャンセルになったのかはわからない。だが、キャンセルするくらいならば最初から注文しなければいいのになぜこんなに大量キャンセルが立て続けにおきるのだろうか?キャンセルした人間の神経がよくわからない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める