2017年10月は日本と北米のAmazonで月商200万円

Pocket

2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、売上が低迷してしまった物販ビジネスであるが、2017年10月は日本AmazonでVBCのサポートを受けたことによって日本と北米Amazonで合計月商200万円を達成することができた。

2017年3月以降売れ筋商品のモデルチェンジで売上が低迷

会社員時代の2013年7月にGBC(現VBC)を活用し、開始した物販ビジネスであるが、2017年1月には過去最高の月商300万円に到達した。

しかし、2017年2月に売れ筋商品のモデルチェンジがあり、仕入れが滞ってしまったため、3月以降売上が激減してしまった。

それでも2017年4月以降、モデルチェンジ後の商品に加えてOEM商品の販売を開始した。しかし、販売実績もレビューもない状態での販売であったため、なかなか売上が伸びてこなかった。

2017年7月にはアメリカAmazonだけで月商1万3千ドルまで行き、売上回復の基調が見え始めた。しかし、販売実績もレビューも少ない商品が多いため、在庫を切らしてしまうと在庫を補充しても売れ始めるまで時間がかかってしまう。

2017年8月、9月とまた売上が下がりはじめ、月商300万円はおろか月商200万円まで回復するのも遠い道のりと思える状況が続いていた。

2017年10月は日本と北米のAmazonで月商200万円

そのような中で個人のアカウントが閉鎖になった日本Amazonのアカウントを法人として再度取得した。

そして、まだアメリカでは開始されていなかったが日本で開始されたVBCのAmazonの販売サポートを受けることにした。

そうしたところ、2017年10月になって日本AmazonでOEM商品1SKUだけで月商50万円に到達した。北米Amazonも広告を活用することによって売り上げを回復させ、日本と北米Amazonで合計月商200万円を突破した。

2017年11月以降は日本で販売しているOEM商品の在庫を増やし、さらにはもう1つOEM商品を追加する予定である。

うまく行けば日本Amazonで月商100万円、150万円が見えてくる。こうなると日本と北米Amazonの合計で再び月商300万円に到達する日もそう遠くはないかもしれない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める