会社の飲み会の出欠確認はメールがいいのか回覧がいいのか

Pocket

幅魔王は脱サラを意識して以降、会社員時代の飲み会は欠席しやすいものはことごとく欠席していた。欠席する際に厄介だったのは出欠確認が回覧で回ってくる場合である。メールでの確認の場合は他の人に目立つことはないが、回覧だと欠席にすると目立ってしまう。

回覧での出欠確認だと欠席にしづらい

会社員時代の飲み会ほど有害無益なものはないだろう。幅魔王は脱サラを意識して以降、職場の飲み会で欠席しやすいものはことごとく欠席していた。

出欠の連絡がメールの場合、欠席の返事をすればいいだけなので話は簡単である。

しかし、人数が多い場合、メールで出欠を取ると集計が大変なので各グループに出欠票を回覧して出欠確認をすることがよくあった。

この場合、欠席の返事をするのは非常に勇気がいる。ほとんどの人が出席のほうに職印を押しているのに自分だけ欠席のほうに職印を押すと目立つ。

そして、最初のほうに自分のところに回覧が回ってくると大体どのくらいの割合の人が出席するのかわからないので、この場合も欠席にしづらい。

回覧での出欠確認というのは周りに自分が出席か欠席かが見えてしまうので非常に困りものだった。

会社の飲み会の出欠確認はメールがいいのか回覧がいいのか

回覧での出欠確認は厄介ではあるが、うまく切り抜ける方法もある。

幅魔王はある時から会社の飲み会を欠席するときに出席の返事を出した後にキャンセル期限ぎりぎりに欠席のメールを送るようにしていた。

というのも会社の飲み会をことごとく欠席していたことに目を付けた先輩に説教をされたことがあったからである。あまり目立つように回覧に欠席の返事をするとまたこの先輩に目を付けられてしまう。だから回覧では出席のほうに職印を押していた。

回覧で出席のほうに職印を押しておけばこの先輩も「お前何で欠席するの?」と言ってこない。そして、キャンセル期限ぎりぎりで幹事にキャンセルの連絡を送ればこの先輩にばれることなく欠席することができる。

一方で出欠の連絡がメールだった場合はどうなっていたか?会社の行事の出席率にうるさい先輩がいた場合、「お前今度の飲み会出るの?」と聞いてくることがよくある。

回覧での出欠確認の場合、誰が出席するかすぐわかってしまうため、こういった先輩に出席するか聞かれれる場合は少ない。しかし、メールでの確認だと幹事にしか出欠がわからないため、出席するか聞かれる場合がおおくなる。

回覧での返事と同様に最初出席すると嘘をついて後から都合が悪くなったことにすればいいのであるが、こうなると嘘に嘘を重ねることになってしまうので、厄介なことになる可能性がある。

こう考えると回覧での出欠確認は一見厄介なようにも思える。しかし、途中まで出席のふりをしながら後でメールで欠席に変えるというやり方をすれば厄介な先輩にも絡まれず難なく飲み会を欠席することができる。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める