実績も将来性もないのにまだ案件を勧めてくるのか

Pocket

幅魔王は2013年にGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始し、脱サラするに至った。一方で同時期に入会していた情報発信系のコミュニティである神ブロガーPJ、FLP、平城式は誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまった。このように物販は稼ぐことができる一方で情報発信系のビジネスは稼げないことが明確になってしまった。これでもまだ情報発信系のビジネスを勧めてくる人がいる。いい加減にしてほしいものだ。

物販は成功者が続出しているが情報発信系はすべて立ち消え

幅魔王は脱サラを目指すべく2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。

100億円不動産王倶楽部では海外不動産投資案件の紹介がメインだったが、その原資を稼ぐためのビジネスもいろいろ紹介された。

その中で幅魔王はGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスで大きく稼げるようになり脱サラするに至った。

物販ビジネスのほかにも神ブロガーPJ、FLP、平城式といった情報発信系のビジネスが紹介された。しかし、これらは誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまった。

これらの運営メンバーによれば情報発信で稼げるのは2010年以前までであったということである。なぜならば2010年以前であればブログ・メルマガの読者を獲得するための広告単価が異常に安かったからである。

このように物販は今から初めても大きく稼げるようになる可能性はそれなりに高いが情報発信系のビジネスはほとんど稼げないということがよくわかった。

実績も将来性もないのにまだ案件を勧めてくるのか

神ブロガーPJ、FLP、平城式といった情報発信系の案件がすべて立ち消えとなっている中で、2010年以前から情報発信系のビジネスを始めて今でも稼げている人も今後は稼げなくなることを危惧している。

というのも、情報発信系のビジネスで稼ぐために必須のツールであるメルマガが今後読まれなくなる可能性が高いからである。

SNSの発達によってメールが読まれなくなってしまった。メルマガを発信しても読む人がいなければメルマガで稼げていた人も稼げなくなってしまう。

かといってフェイスブックやLINEが10年後も多くの人に使われているとは限らない。

情報発信系のビジネスは神ブロガーPJ、FLP、平城式といった案件を見ても実績が出ていないどころか将来性も見込めない。

このような中で「今後情報発信系のビジネスで生き残る方法」というメルマガが届いた。実績も将来性もない情報発信系のビジネスを宣伝したところで何の意味があるのだろうか?少なくとも情報発信系のビジネスよりは実績も将来性もあるVBCを勧めたほうがよほどましである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める