日本・新規カタログ・1万円以上でも毎日売れる

Pocket

VBCのサポートを受け始めてから日本Amazonでの売上が上がってきた。OEM商品で新規カタログでしかも1万円以上の価格帯の商品なのに毎日売れるようになってきた。商品数をもう少し増やせば日米のAmazonで月商300万円に再び到達する日もそう遠くはないであろう。

10SKUくらいでせいぜい月商30万円までしかいかなかった日本Amazon

幅魔王は2013年からGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを開始した。

最初の1年間くらいは日本だけで販売していた。そして、2014年4月以降、アメリカでの販売を開始し、2015年5月にはカナダでの販売も開始した。

売上が上昇し、月商100万円にコンスタントに到達するようになったのは2014年12月からである。このときから売上のほとんどをアメリカAmazonが占めるようになった。

そして、初めて月商300万円に到達した2017年1月も売上の8割から9割くらいはアメリカAmazonであった。

一方で、日本Amazonはなかなか売上が上がらなかった。最大時でも月商30万円程度で通常は月商5万円から10万円程度であった。

アメリカのほうが日本よりも市場が広いため、売上を上げるためにはアメリカで販売したほうがいいと考えていた。

日本・新規カタログ・1万円以上でも毎日売れる

2016年1月からGBCは分社化によって、VBCとして組織が再編された。

組織が再編されたことによってこれまで受けてきたサポートが受けられなくなることを危惧していたが、逆にサポートが手厚くなった。

2017年からOEM商品開発のサポートも始まり、さらには日本Amazonでの販売サポートも始まった。

幅魔王も最初は日本Amazonでは売れないものと思っていたので、OEM商品をアメリカAmazonのみで販売していたが、2017年9月以降日本Amazonでの販売サポートを受けることにした。

そうしたところ、新規カタログ商品で1万円以上の価格帯の商品でも毎日売れるようになった。しかもこの商品はOEM商品ではないもののメーカーから直接仕入れた商品でタオバオやアリババでは販売されていない。非常に相乗りされにくい商品である。

VBCのサポートを受ければ日本Amazonでも売上を伸ばして行けることがわかった。アメリカAmazonでの既存の売上と合計すれば再び月商300万円に到達する日もそう遠くはないであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める