2014年までは投資ビジネスのセミナーに片っ端から参加

Pocket

幅魔王は脱サラするための下地を整えるため、2014年までは様々な投資やビジネスのセミナーに参加してきた。そして、多くの投資やビジネスの案件に手を出してきた。しかし、今では参加するセミナーを厳選し、新たな投資やビジネスには極力手を出さないようにしている。

2014年までは投資ビジネスのセミナーに片っ端から参加

幅魔王は脱サラを目指すべく、2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。

100億円不動産王倶楽部は、ビジネスで原資を獲得し、海外不動産を中心とした投資で原資を増やして100億円の資産構築を目的として結成された組織であった。

100億円不動産王俱楽部では事実上立ち消え状態になる2015年まで非常に多くのセミナーが開催され、様々な投資案件やビジネスが紹介されてきた。

そして、幅魔王も2014年までは片っ端からセミナーに参加し、多くの投資案件やビジネスに取り組んできた。

参加した投資案件やビジネスの中にはGBC(現VBC)のように大成功を収めた案件もあったが、タイ・アユタヤの不動産のようにうまくいかなかった案件もあった。

現在では特定の組織のセミナーにしか参加しない

2014年までは100億円不動産王俱楽部を中心として投資やビジネスに関連するセミナーに片っ端から参加していたが、脱サラしてからはVBCや北の物販倶楽部など特定の組織のセミナーにしか参加していない。

そして、今やっているビジネスや投資をさらに深堀していくことは考えてはいるものの、新たな投資やビジネスをやろうとは思っていない。

2017年時点では仮想通貨に関する情報が出回っており、非常に高頻度でセミナーが開催されている。しかし、仮想通貨には全く興味がなく、セミナーに参加する気は全くない。以前ほどではないが、海外不動産のセミナーもちょくちょく開催されている。しかし、これ以上海外不動産を購入する気は全くない。

ビジネスに関しても、今やっているVBCを活用した物販ビジネスが軌道に乗っているため、これをさらに深堀することはあっても、他のビジネスに手を出そうという気はない。

脱サラしてビジネスや投資がある程度軌道に乗ったのであればそれを深堀していくことが長期にわたってビジネスや投資を存続させるために重要である。新たな投資やビジネスに手を出すからこそ出費が多くかさんでしまい、稼いだ資金を飛ばしてしまうことにつながるのである。

今後も余程のことがない限り新たな投資やビジネスに手を出すことはないであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める