サヤ取り情報提供の有料メルマガをやるのも面白いと思ったが

Pocket

2017年9月後半からサヤ取りが好調に転じている。サヤ取りで仕掛ける銘柄を有料メルマガで配信するというビジネスも面白いと思った。しかし、調べてみるとそれは投資助言業に当たるらしく、500万円の供託金が必要とのことである。

サヤ取り情報提供の有料メルマガをやるのも面白いと思ったが

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。

サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄を抽出し、相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。つまり、仕掛けた後にサヤが閉じれば利益が出て、サヤが開けば損失が出る投資手法である。

そのサヤ取りであるが、2017年5月と8月に決算発表が絡んでサヤが理不尽に開くペアが続出し、大きな損失を出してしまった。

しかし、このときにサヤ取りのペア抽出方法を見直し、少しサヤが閉じ始めてから仕掛けるようにした。そうしたところ、その効果が2017年9月後半から現れ始めた。

2017年9月からサヤ取りが好調に転じたが、この好調が長期的に続くようであれば、仕掛けペアを有料メルマガで配信するというのも面白いことであると思った。

投資助言業をやるには500万円の供託金が必要らしい

サヤ取りを有料メルマガで配信することを思いついたが、投資に関する情報を発信するというのは何かしらの法律に引っかかるのではないかということが頭にあった。

最初に頭をよぎったのがインサイダー取引である。もし、有料メルマガで自分がこれを買ってこれを売るということを発信して、利益が出たとするとインサイダー取引には該当しないもののこれと似たような法律の規定により罰せられるのではないだろうか?

そう思って色々調べてみると、インサイダー情報を知って株の売買をしているわけではないので、サヤ取りの情報を有料メルマガで発信することはインサイダー取引には該当しない。しかし、これから仕掛ける銘柄を有料メルマガで情報発信することは投資助言業に該当するらしい。

投資助言業自体は違法ではないものの、金融庁に対する届け出が必要らしい。そして、その届出の際に500万円の供託金が必要となる。

現時点でこの500万円の供託金は現実的ではない。サヤ取りで大きく資産を増やし、500万円くらいどぶに捨ててもいいと言えるくらいのレベルになったらサヤ取りの有料メルマガ配信を検討してみるのも面白いかもしれない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める