2017年9月末時点で3年1か月

Pocket

脱サラ後に毎月「無収入が続いたと仮定してあとどのくらい貯金が持つのか」というのを計算している。かなり最悪に近い想定で計算しているが、ここ半年間最悪に近い想定で資産が減少している。2017年9月は久しぶりに資産が減らないと思ったが、物販ビジネスでの先行投資がかさみ、予定通り資産が減少してしまった。

2017年9月末時点で3年1か月

幅魔王が2016年10月に10年近く勤務した大手企業を退職して脱サラしてから1年近くが経過した。

脱サラすると会社員としての様々なストレスから解放される。一方で会社からの安定収入を失うため、自分の保有している残り資産については常に注意を払う必要がある。

脱サラしてから4か月間は物販ビジネスの好調もあり、資産が増加し続けた。しかし、2017年2月に物販ビジネスでの売れ筋商品のモデルチェンジがあり、物販ビジネスでの売上が激減してしまった。

その後、モデルチェンジ後の商品とOEM商品の販売を開始したものの、かつての規模までは売上が回復してこない。

在庫を確保するために仕入れが増加したこともあり、サヤ取り投資の不調と相まってここまで最悪に近い想定で資産が減少してきた。

2017年9月はサヤ取り投資が好調に転じて、物販ビジネスでの在庫確保のための仕入れ金額が減ったため、久しぶりに資産が減少しないと思われていた。しかし、物販ビジネスでの日本国内の販売強化のための出費がかさんだこともあり、最悪の想定通りのペースで資産が減少してしまった。

今後無収入が続き、かつ出費がかさむという最悪に近い想定で資産が減少する仮定すると、2017年9月末時点で残り3年1か月となった。

久しぶりに資産が減らないと思ったのだが

無収入で貯金が尽きるまでの期間はかなり最悪に近い想定で計算している。無収入であることはもちろんのこと、マレーシア・ジョホールバルとタイ・アユタヤに保有している不動産は資産に入れていないし、長期積み立て投資も元本が返ってこないことが前提である。

そして、これらの海外不動産のローンや長期積み立て投資の積み立ては永遠に続くことを想定に入れている。さらには毎月の生活費も5~10万円も多めに見積もっている。

それでもここ半年間くらい最悪に近いペースで資産が減少している。

その原因は生活費がかさんだためではない。物販ビジネスでの売上減少が主な原因である。しかし、売上が減っただけでは仕入れも減るはずなので、資産は減らない。

2017年5月からモデルチェンジ後の商品とOEM商品の販売を開始したため、在庫を確保するために仕入れがかなりかさんでしまった。これが大きく資産を減らした原因である。

2017年8月以降、新商品について何がどれくらい売れるかの見通しもつき始め、適正な量の在庫の確保もできてきた。そのため、2017年9月は久々に資産が減らない見通しだった。

ところが、日本国内での販売強化のためにかなりの金額を先行投資したため、2017年9月も想定通り資産が減少してしまった。

10月以降は先行投資分をしっかりと回収して資産の減少に歯止めをかけたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める