手仕舞い期限直前にサヤが開き始めるペアが続出

Pocket

幅魔王が2016年3月から実践しているサヤ取り投資であるが、2017年8月は理不尽にサヤが開くペアが続出し結果が思わなかった。9月に入って少し調子を取り戻してきたかのように見えたが、手仕舞い期限寸前にサヤが開き始めるペアが続出し、今一つ調子が上がってこない。

手仕舞い期限直前にサヤが開き始めるペアが続出

幅魔王は2016年3月から株のサヤ取り投資を実践している。

サヤ取りとは相関の高い2つの銘柄のペアを抽出し、サヤが開いたときに相対的に上昇した銘柄を空売りし、相対的に下落した銘柄を買う投資手法である。

仕掛けたときよりもサヤが縮小した時は利益が出て、サヤがさらに拡大した時は損失が出る投資手法である。サヤが開くか閉じるかだけに着目しているので、相場全体が上昇しようが下落しようが大きな影響は受けない。

このサヤ取り投資であるが、2017年5月、8月と決算の影響で理不尽にサヤが開くペアが続出し、結果が思わしくなかった。

そこで、売買ルールを見直し、決算が1か月以内にあるペアを避けるようにした。そして、損失を減らすために保有期間を短くし、利確・損切ラインも小さくするようにした。

そうしたところ、9月になって調子を取り戻したかのように見えた。しかし、保有期間中に利確ラインにはぎりぎりまで到達せずにそこからサヤが開き始めて手仕舞い期限になると損失が出るペアが続出した。そのため、8月ほど大きな損失は出ていないが、9月もトータルでマイナスになりそうである。

コールド勝ち寸前から追い上げられ大逆転負けをするようなもの

サヤ取りの手仕舞いルールは期限と金額の両方で設定している。

つまり、一定の利益または損失額に達すると期限に関係なく手仕舞いする。また、損失と利益が一定の範囲内で推移している場合は設定した期限が到来すると強制的に手仕舞いしている。

一番腹が立つパターンというのは手仕舞い期限前に利確ラインにぎりぎり到達せずに、手仕舞い期限寸前でサヤが開いて損失が出るパターンである。

2017年9月はこのパターンが続出した。9月の初めに手仕舞いしたペアは5連続くらいでこのパターンだったとも思われる。利確ラインすれすれまでいったのにそこからサヤが開き始め、損切ラインまでいってしまったペアもある。

どんなゲームやスポーツでも大逆転負けを食らうことほど腹が立つことはない。野球に例えると、コールド勝ち寸前の9点差までつけたのにそこから大逆転負けを食らったような気分である。コールド勝ち寸前から大逆転され、さらにはコールド負けしたようなペアもあった。

利確ライン・損切ライン・手仕舞い期限は幅魔王個人が勝手に設定しているので、利確ラインにぎりぎり到達しないようにし、手仕舞い期限になるとサヤが開くように誰かが株価をコントロールするのはまず不可能でありありえない。とはいえ、ここまで来ると意図的に仕組んでいるのではないかとも思えてしまう。いい加減にしてほしいものだ。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める