楽天証券とライブスター証券に口座を分ける

Pocket

幅魔王は2016年3月以来、株のサヤ取り投資を実践している。そして、2017年8月から北の物販倶楽部での株式投資手法も実践することにした。両者は全く異なった取引ルールでやっているため、証券会社を分けることにした。

北の物販倶楽部の投資手法は楽天証券で

幅魔王は2015年5月に北の物販倶楽部に入会した。

北の物販倶楽部では物販を軸にして銀行融資や投資などで資産を増大させる方法について長期的に勉強することができる。

2015年7月からは株式投資手法についても勉強を開始した。しかし、当時はまだ株式投資手法が十分に確立されておらず、翌2015年8月の大暴落によって投入した資金が大きく塩漬けになってしまったメンバーも多かった。

幅魔王も当時は100万円程度しか資金を投入していなかったが、まだ北の物販倶楽部での株式投資手法は万全ではないと考えていた。

そのため、2016年3月にVBCで公開されたサヤ取りのほうをメインでやってきた。

しかし、2017年6月以降、北の物販倶楽部での株式投資手法も十分に検証がなされ、万全な手法として公開された。そこで、幅魔王は2017年8月以降、これまで使ってきた楽天証券を使って北の物販倶楽部での株式投資手法に取り組むことにした。

サヤ取りはライブスター証券で

一方、幅魔王は2016年3月から始めたサヤ取りも2017年9月時点で継続している。このサヤ取りは北の物販倶楽部での株式投資手法とは全く異なる売買ルールをもとに行っている。

そのため、同じ楽天証券の口座で異なる売買ルールでの取引手法を実践してしまうと混乱が生じてしまう。

そこで、サヤ取りに関しては手数料が安いライブスター証券で行うことにした。

幅魔王は2017年7月に前いた会社の持株をすべて売却した。この資金をライブスター証券に移動させてそれを担保にしてサヤ取りを行うことにした。

2017年8月時点でサヤ取りは結果が思わしくない。しかし、サヤ取りと北の物販倶楽部での株式投資手法のいずれかがうまく行ってくれれば、うまく行かないほうは規模を縮小させればよい。物販だけでなく株式投資でも着実に資産を増やしていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める