保証協会から追加融資は受けられなかったが想定内

Pocket

幅魔王は会社員時代の2016年1月に公庫から300万円、地銀から1000万円の創業融資を獲得した。そして、2017年5月に法人化したわけであるが、2017年7月に公庫から600万円の追加融資を獲得した。地銀からは追加融資は出なかったが想定内である。

日本政策金融公庫から600万円の追加融資を獲得

幅魔王は会社員時代の2016年1月に公庫から300万円、地銀から1000万円の創業融資を獲得した。

これによって物販ビジネスを拡大できるようになり、2016年10月に脱サラするに至った。

そして、今後さらに追加融資を獲得するために2017年5月に事業を法人化した。

法人化に伴い、融資の返済口座の変更の手続きを公庫と地銀に対して行った。その時に追加融資の申し込みをそれぞれした。

公庫に関してはもともと300万円しか借入していなかったことと、売上の実績が上がった場合は追加で融資が出るという話であったこともあり、600万円の追加融資を獲得することができた。

保証協会から追加融資は受けられなかったが想定内

地銀の創業融資は保証協会を通じて獲得したものであるが、こちらについても法人化に伴い、追加融資の相談をしてみた。

しかし、創業融資ですでに1000万円を獲得していることと、まだ返済が多く残っていることから追加融資を獲得することはできなかった。

とは言ってもこれは想定の範囲内である。むしろ据置期間が半年あって実質的に1年しか返済していない公庫から追加融資が出たのが予想外であった。

来年、再来年となれば保証協会の融資のほうも返済が進んでくる。そうなると追加融資が下りる可能性が高くなる。

売上実績を上げなければならないのは言うまでもないが、仮に無収入であったと仮定しても来年、再来年までは余裕で貯金が持つ。もし、来年か再来年に地銀から追加融資を獲得できればさらに資金繰りに余裕が出てくることは間違いない。それまでに何とか売上実績を作りたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める