結婚しても脱サラしないと長期的には幸せにはなれない

Pocket

結婚したほうが幸せなのか独り身でいたほうが幸せなのかという議論があるが、それぞれ一理ある。しかし、確実に言えるのは結婚しても脱サラしないと長期的には幸せにはなれないということである。

結婚しても脱サラしないと長期的には幸せにはなれない

会社員時代は結婚に対する圧力が非常に強かった。「結婚しているほうが幸せ」「結婚しているほうが偉い」「結婚した人が勝ち組」「結婚できない人は何をやっても駄目」という画一的な価値観に支配されていた。

そういうこともあり、本当は結婚なんかしたくないのに、世間体を保つために結婚した人が多数いるかもしれない。

自分の場合は交際相手はできても会社員でいた場合どう考えても幸せにはなれないと本能的に感じてしまい、結婚には踏み切れなかった。そして、いざ脱サラすると結婚に対する圧力がなくなったため、なおさら結婚願望がなくなっている。

会社員の場合、結婚していいことと言えば、周りからの「早く結婚するように」という圧力がなくなることであろう。

仮に世間体のためではなく、好きで結婚した人がいたとしてもおそらく幸せのピークは結婚式、ハネムーン、子供ができたときの育児休暇であろう。そして、その後は会社にも家庭にも縛られ「なぜ結婚したのだろうか?」という後悔が徐々に大きくなっていくのが目に見えている。

脱サラしないと結婚後は会社にも家庭にも縛られ、自分を失ってしまう。結婚したほうが幸せだとかしないほうが幸せだとか色々な意見があるが、確実に言えるのは脱サラしないと結婚しても長期には幸せになれないということである。

結婚後会社員を続けた場合の末路

結婚後も会社員を続けた場合の末路はどうなるのか?

結婚すると家族を養わなくてはならないので、脱サラをするのは非常に難しくなる。仮に副業で脱サラできるくらいの安定収入を得ていたとしても家族の猛反対があることは間違いないであろう。

ということで、脱サラする前に結婚した人は寿退社する女性を除いてかなりの確率で会社員を続けることになる。

結婚するとハネムーンの休暇や育児休暇をもらえる会社もあるかもしれない。しかし、これらが終わってしまうとまた会社に縛られる生活が続く。

会社だけではなく家庭にも縛られる。小さい子供がいようものなら子供を放置して脱水症状で死んでしまったら何もしていないのに保護責任者遺棄致死罪となってしまう。

これは大げさな例であるが、会社だけでなく家庭でも義務が生じる。心が休まる時間がなくなってしまう。子供が小さいうちは子供が癒しと思えるかもしれない。しかし、子供が大きくなるとだんだん子供が言うことを聞かなくなり、癒しでもなくなる。

会社から疲れた顔で帰ってくると子供も親のようにはなりたくないと思うことは間違いない。なおさら親の言うことを聞かなくなり、親子関係は悪化し、夫婦関係も悪化するであろう。

結婚しても脱サラしないと会社に縛られて家族の関係が徐々に悪化することは目に見えている。これが会社員のまま結婚した人の典型的な末路であろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める