FLPで億単位の権利収入を得た人は今頃どうなっているのか?

Pocket

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会したが、2013年の後半にFLPという仕組みがスタートした。100億円不動産王俱楽部に関連するコンテンツの無料メルマガに誘導することによって永続的にコミッションが得られるという仕組みである。しかし、永久コミッションを得られた人はほとんどいないまま立ち消え状態となってしまっている。

1人無料メルマガに誘導するだけで5万円の権利収入はどうなったのか?

幅魔王は2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。

100億円不動産王俱楽部はビジネスで原資を獲得し、その原資をもとに海外不動産投資を行い、100億円の資産構築を目的として結成された組織であった。

原資を獲得する手段として100億円不動産王俱楽部からFLPという仕組みが提供された。

FLPとは一種のアフィリエイトであるが、通常のアフィリエイトとは異なっている。

通常のアフィリエイトの場合は商材に誘導した分しかコミッションは入ってこない。しかし、FLPは無料メルマガに誘導すると誘導した人がその後購入したコンテンツに関するコミッションが永続的に入ってくる仕組みになっている。

例えば、Aさんを無料メルマガに誘導するとそれだけでコミッション300円がまずもらえる。しかし、それだけではなく、その後Aさんが例えば無料メルマガを読んでセミナーに参加するとセミナーのコミッション1500円がもらえる。さらにAさんがセミナーに参加後に海外不動産を購入すると海外不動産のコミッション10万円が入ってくるというものである。

つまり、無料メルマガに誘導するだけでコミッションが雪だるま式に増えていくという仕組みである。

幅魔王もこの仕組みはすごいと思い、2013年後半から2015年にかけて無料メルマガに累計で70人は誘導した。しかし、無料メルマガに誘導した時の300円程度のコミッションは獲得しているが、その後コンテンツを購入した際に得られるコミッションは一切もらっていない。

FLPの試算では1人メルマガに誘導すると平均5万円のコミッションが得られることになっている。しかし、5万円どころか1人平均300円と言うのが現状である。実際にどうなっているのだろうか?

FLPで億単位の権利収入を得た人は今頃どうなっているのか?

FLPを導入する前にFLPの説明会があったが、広告を打った場合にどの程度の人数を無料メルマガに誘導できるかという実験が行われていた。

説明会では2人に関して1か月程度実験したらしいが、2人とも数千人を無料メルマガに誘導することに成功していた。

そして、説明会では1人無料メルマガに誘導すると5万円の永久コミッションが得られるという試算結果になっている。つまり、2人とも億単位のコミッションが得られるはずである。

この2人は実際に億単位のコミッションを得ることはできたのだろうか?

100億円不動産王俱楽部は2015年くらいから活動がなされずに2017年に運営事務局が消滅してしまった。現段階ではもはや立ち消え状態である。

この2人から永久コミッションがどうなったのかという話を聞いてはいないがおそらく億単位のコミッションは得られていないであろう。仮にコミッションが入ってきたとしても数万円ていどであったと予想できる。

というのもFLPで紹介される案件は100億円不動産王俱楽部がらみのものであるが、100億円不動産王俱楽部がらみの案件は失敗案件ばかりであることが判明している。GBC(現VBC)のように大成功を収めた案件もあったものの、ここまで失敗案件が続くと誰も購入者はいなくなってしまう。

FLPの仕組みはすごいものだと思ったが、FLPで紹介される案件をもう少しまともにしてほしかった。そうすれば自分も数100万円とは言わないまでも数10万円くらいのコミッションは得られたかもしれない。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める