法人化してすぐに申し込んでが2つの法人カードの審査に通った

Pocket

法人化の手続きが完了して次にやるのが法人口座の開設とクレジットカードの作成である。しかし、調べると法人化して間もないころはまだ信用がないので、クレジットカードの審査に落ちることが多いとのことである。しかし、法人化して1カ月も経過していないのに意外にも2つの法人カードの審査に通った。

法人化して間もないころはクレジットカードを作れない?

脱サラする前によく言われることの1つとして、「会社を辞める前にクレジットカードを作っておけ」というのがある。

会社を辞めると安定収入がなくなるため、クレジットカードの審査に通りにくくなるからである。

しかし、幅魔王の場合は会社員時代から物販ビジネスで複数のクレジットカードを使っており、個人として新たにクレジットカードを作る必要はなかった。それどころか、ほとんど使わない余計なクレジットカードの解約が必要だったくらいである。

脱サラして以降も個人としてクレジットカードに困ったことはなかった中で、2017年5月に物販ビジネスを法人化した。

法人化の手続きの次にすることが、法人口座の開設とクレジットカードの作成である。脱サラ後も個人としてクレジットカードには困らなかったが、法人としてクレジットカードの審査に通るかは不安があった。

というのもいろいろ調べると設立間もない法人はクレジットカードの審査に通りにくいという情報が相次いでいるからである。

法人設立から最低で半年、長い場合は3年しないとクレジットカードの審査には通らないという情報もあった。

法人化してすぐに申し込んでが2つの法人カードの審査に通った

しかし、法人化して1か月も経たないうちに2つのクレジットカードの審査を申し込んだところ、2つとも難なく審査に通った。

楽天カードとANAJCBカードである。

楽天カードについては個人ですでにブラックカードを保有しており、個人カードでプラチナカード以上のの審査に通っているとビジネスカードの審査も通りやすいとのことである。

そして、ANAJCBカードについても個人として2年以上も使用歴があったことを見られたかは知らないが、こちらも難なく審査に通った。

物販ビジネスでは仕入れにクレジットカードを使うため、ポイントがよく貯まる。楽天カードで楽天ポイントを貯めていけば日用品に関しては無料で買うことができる。ANAJCBカードでマイルを貯めていけば毎回海外に行くときの飛行機代がほぼ無料になる。

法人化した後も、さらに物販ビジネスの規模を拡大し、楽天ポイントとANAのマイルを効率的にためていきたいものである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める