総資産ベースで3年4か月 現金ベースで1年1か月

Pocket

脱サラして以降、毎月末に無収入であとどれくらい貯金が持つかを計算している。2017年6月末は総資産ベースで3年4か月 現金ベースで1年1か月であった。

総資産ベースで3年4か月 現金ベースで1年1か月

幅魔王は2016年10月に脱サラした。脱サラしたことによって時間の自由を得たのと引き換えに会社からの安定収入を失った。

仕事に対するストレスはなくなったが、貯金が少しずつ減っていった場合、「このような生活が送れるのはあとどのくらいなのだろうか」ということが気になる。

そこで毎月末にもし無収入が続いたらあと何か月貯金が持つかということを計算している。

脱サラしてから2017年2月までの4か月間は物販ビジネスが好調で4か月連続で資産が増加した。しかし、物販ビジネスでの売れ筋商品のモデルチェンジがあって以降売上が激減し、それ以降資産が減少してしまっている。

2017年6月末の時点で貯金が尽きるまでの期間は総資産ベースで3年4か月 現金ベースで1年1か月となった。

現金は減ったものの総資産は減らず

2017年6月は物販ビジネスでかなり仕入れをしたことと、サヤ取り投資で信用枠をかなり使ったこともあり、現金が相当減ってしまった。

一方で、総資産はほとんど減らなかった。

2017年5月は決算発表によってサヤが理不尽に開く銘柄が続出し、サヤ取り投資がかなり不調であった。しかし、2017年6月は後半からサヤ取り投資がかなり盛り返してきた。

そして、塩漬けになっている現物株も2017年6月後半から少しずつ上昇してきている。

2017年6月は物販ビジネスでの仕入れに加えて住民税の支払いもあり、現金の出費はかなり増えてしまった。一方で、物販ビジネスでの売上はまだ回復途上である。

そのため、現金はかなり減ってしまったが、運のいいことに総資産はほとんど減っていない。現物株の塩漬けが解消した段階で現物株は現金化していきたい。そうすれば、総資産ベースでも現金ベースでも寿命は延びていくであろう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める