Newegg Wowmaに立て続けに出店

Pocket

幅魔王は2013年7月から4年間GBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきた。売上のほとんどはアメリカのAmazonでの販売であるが、アメリカでNewegg、日本ではWowmaに立て続けに出店し、販路拡大を図っている。

アメリカ第二位のNewegg

幅魔王は2013年7月から4年間GBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきた。

日本でも販売しているが主な販売先はアメリカのAmazonで売上の9割以上を上げている。

日本のAmazonのアカウントは2016年9月に閉鎖になってしまったこともあり、Amazonだけに依存するのは非常に危険であることは肌で感じた。

そこで、アメリカでAmazon以外の販路がないかを探していたところ、Neweggというマーケットプレースを発見した。

アメリカではAmazonに次ぐ第二位の売上を誇り、セラーポータルもAmazonを意識した作りになっている。AmazonのFBAとほぼ同じ仕組みであるSBN(Shipped By Newegg)という仕組みもあり、物流も問題なさそうである。

法人でないと出店できず、審査もあるため出店できるかどうか懸念されたが、何とか審査に通り出店まで至った。Amazonには及ばないかもしれないがNeweggを活用して売上を拡大していきたいところである。

1年間月額利用料無料のWowma

アメリカだけでなく日本でも販路の拡大を図っている。

日本では2016年9月にAmazonのアカウントが閉鎖になってしまった。法人化してアカウントを再取得してもよかった。しかし、アメリカのアカウントは生きており、連鎖的に閉鎖になる可能性もあり、それまで日本Amazonではあまり売れていなかったので、現時点ではアカウントの再取得は見送っている。

日本ではAmazonという販路を失った中で2017年1月からヤフーショッピングでの売上が徐々に拡大してきた。

アメリカのAmazonには遠く及ばないが2017年1月からコンスタントに月商10万円を上げられるようになりつつある。

さらに売上を拡大するためにメルカリや楽天での販売を検討していた。しかし、メルカリは圏外飛ばしなどの執拗な規制があり、楽天は出店手数料や販売手数料が高すぎる。

そのような中で2017年6月にWowmaが1年間出店手数料無料のキャンペーンをやるという連絡があった。クレジット決済のために月間手数料が3000円ほどかかってしまうが、ヤフーショッピング以外に販路を拡大するのはちょうどいいと考えて、Wowmaへの出店を検討した。

NeweggもWowmaも売れるようになるまでは時間がかかるかもしれないが、長い目で見ながら売上を拡大させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める