情報販売は稼いだ後も大変 物販は稼いでも楽


もはや立ち消え状態となっている100億円不動産王俱楽部であるが、当初100億円不動産王俱楽部に入会した会員がやり始めたビジネスは大きく分けて2つあった。情報発信系のビジネスと物販ビジネスである。物販ビジネスのほうが現在でも生き残り続けて人が圧倒的に多いと言える。

物販のほうが情報販売よりも圧倒的に稼ぎやすい

幅魔王は脱サラを図るべく、2013年に100億円不動産王俱楽部に入会した。100億円不動産王俱楽部は、ビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産投資などで資産を増やし、100億円の資産構築を目指すために結成された組織であった。

100億円不動産王俱楽部は2017年1月に運営事務局が消滅し、もはや立ち消え状態となってしまっている。しかし、2013年当初はセミナーや懇親会など様々な活動が活発に行われていた。

そして、幅魔王が入会した当初の会員の活動の方向性は大きく分けて2つあった。情報販売を主軸に活動している人と物販を主軸に活動している人である。

幅魔王は100億円不動産王俱楽部のメンバーが創設したGBC(現VBC)の会員となり、物販ビジネスを主軸として活動してきた。そのおかげで、月数十万円の利益が上げられるようになり、脱サラするに至った。他にも物販で稼げるようになって脱サラした人はよくいる。

一方で、幅魔王は100億円不動産王俱楽部の下部組織である神ブロガーPJやそこから派生した平城式にも入会していた。

しかし、神ブロガーPJや平城式で稼げるようになって脱サラしたという人は聞いたことがない。せいぜい単発でアフィリエイト収入が月10万円くらいは言ってきた人がいたくらいである。

物販で稼いで脱サラした人は何人も見てきた一方で、神ブロガーPJや平城式は誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまっている。このことからも情報販売よりも物販のほうが圧倒的に稼ぎやすいということがよくわかった。

情報販売は稼いだ後も大変 物販は稼いでも楽

物販のほうが情報販売よりも圧倒的に稼ぎやすいのになぜ多くの人は副業をやろうとするときに情報販売に飛びつくのだろうか?

物販は梱包・発送が大変というイメージがある一方で、情報販売は自宅でPCの前だけで仕事が完結するというイメージが先行しているからであると考えられる。

しかし、物販ビジネスをやってみると売上がある程度上がると外注化が進む。そうなるともはやPCとネット回線さえあればどこでも仕事ができるようになる。売上規模が上がると労働時間も増えるように思えるが、ただ仕入れる在庫の桁数を変えればいいだけで大して労働時間は上がらない。

一方で、情報販売はどうだろうか?情報販売は稼ぐのが難しいだけではなく、稼いだ後のメンテナンスも難しい。

というのも情報販売は情報の信ぴょう性が問われるので、稼げば稼ぐほど問い合わせが殺到する。物販でも商品に関する問い合わせはあるが、おそらくその比ではないであろう。

そして、稼ぎ続けるためには常に情報を更新し、セミナーなどを開催し続けなければならない。一方で、物販も商品のモデルチェンジはあるかもしれないが、数年単位である。常に情報を更新して発信し続けなければならない情報販売のビジネスのほうが物販よりも圧倒的に大変であることがわかる。

稼ぎやすさと稼いだ後の大変さを比較しても副業としてやるのであれば物販ビジネスのほうが適しているのは誰の目から見ても明らかである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める