3年前はここまで差がつくとは思っていなかった

Pocket

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王俱楽部では、情報発信を主軸に稼ごうとしている人と物販を主軸に稼ごうとしている人がいた。3年前までは両社に大きな差はなかったが、2015年頃から差がつき始めた。

情報発信を主軸に稼ごうとする人と物販を主軸に稼ごうとする人

幅魔王は2013年に100億円不動産王倶楽部に入会した。100億円不動産王俱楽部は、ビジネスで原資を稼ぎ、海外不動産を購入して100億円の資産構築を目指すことを目的とした組織であった。

原資を稼ぐためのビジネスであるが、100億円不動産王俱楽部経由で紹介された案件は大きく2つに分けられた。情報発信と物販である。

情報発信のための案件としては神ブロガーPJ、平城式、FLPがあった。一方、物販のための案件としてはGBC(現VBC)が紹介された。

幅魔王はGBCを活用して稼げるようになり、脱サラするに至った。一方で、神ブロガーPJ、平城式、FLPにも入会していたが思うような収益を上げることはできなかった。それどころか、これらの情報発信を主体とする組織は幅魔王だけでなく、誰も稼ぐことができないまま立ち消え状態となってしまっている。

幅魔王は情報発信のための組織(神ブロガーPJ、平城式、flp)と物販のための組織(GBC)の両方に入っていたが、どちらかというと物販を主軸に活動していた。

このように100億円不動産王俱楽部に入会した人は情報発信を主軸に活動する人と物販を主軸に活動する人のいずれかに分かれていた。

3年前はここまで差がつくとは思っていなかった

幅魔王は情報発信を主軸に活動する人と物販を主軸に活動する人の両方の集まりに参加していた。

今から3年前の2014年までは両社に大きな差はなかった。幅魔王も情報発信では当然のことながら稼げていなかったが、物販ビジネスでもせいぜい月商10万円程度しか上げることができずに赤字と黒字を繰り返していた。

情報発信を主軸に活動する人と物販を主軸に活動する人との間で大きな差がつき始めたのは2015年になってからである。

幅魔王は2015年の終わりごろになってから物販ビジネスの売上が急上昇し、毎月コンスタントに月商100万円月利20万円を出せるようなった。一方で、情報発信では全く稼げるようにはならなかった。

2015年も情報発信を主軸に活動している人の集まりに参加したが、そこで稼げている人の話を聞くことはほとんどなかった。あったとしても単発で10万円アフィリエイト収入を得たという話くらいであった。

そして、2016年になると情報発信のための組織である神ブロガーPJ、平城式、flpはほとんど活動がなされずに立ち消え状態となってしまった。一方で、物販のほうはGBCがVBCとなり、さらに活動が強化された。VBCの集まりにも何度か参加したが、幅魔王よりも大きく稼いでいる人に何人も会った。

このように情報発信を主軸に活動している人と物販を主軸に活動している人との差は2016年に決定的なものとなった。幅魔王は情報発信を主軸に活動している人と物販を主軸に活動している人の両方の集まりに参加してきたが、3年前まではここまで差が決定的なものになるとは思ってもいなかった。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める