1か月半でOEM商品が完売

Pocket

幅魔王は2013年7月よりGBC(現VBC)を活用した物販ビジネスを継続してきた。2016年までは単純転売を中心に物販ビジネスをやっていたが、2017年以降OEM商品の販売を開始した。OEM商品は他人に相乗りされないという利点はあるものの売れないのではないかという懸念があった。しかし、最初のOEM商品は1か月半で在庫を捌くことができた。

2017年4月からOEM商品の販売を開始

幅魔王は2013年5月にGBC(現VBC)の会員となり、2013年7月から物販ビジネスを開始した。それから3年経過した2016年10月に脱サラして物販ビジネスを専業でやるようになった。

2016年まではほとんど単純転売をやっていた。つまり、中国のタオバオ、アリババで仕入れた商品をそのまま他国で販売していた。

単純転売の場合、既に販売実績やレビューのある他人の商品に相乗りして出品するため、ある程度の売上の見込みは立つ。

一方で、競合も多いため、すぐに価格競争になってしまう。さらには競合から商標権攻撃を受ける可能性もある。

そこで、2017年からはVBCと協同してOEM商品の販売を開始することにした。

2017年1月、2月はどんな商品を販売するかの打ち合わせを行い、3月に仕入れを依頼した。そして、4月後半から販売を開始した。

1か月半でOEM商品が完売

OEM商品は自分だけの商品であるため、他人に相乗りされて価格競争になることはまずない。同様に商標権攻撃を受ける可能性も限りなく低い。

一方で、販売実績もレビューもない状態で販売を開始するため、商品が上位表示されるまで時間がかかり、売上が立たないという懸念があった。

さらに、OEM商品の場合、ある程度まとまったロット数でないと発注できない。仕入れたはいいが売れないのではないかということを心配していた。

しかし、その心配とは裏腹に、在庫が納品された次の日に早速1個の注文が入った。さらには、5つ星のレビューが1個付き、売上が加速した。

「仕入れたはいいが売れないのでは」と心配していたが結局1か月半ですべての在庫を捌くことができた。在庫がなくなる前に次の在庫の発注をかけたが、少し遅く機会損失が発生してしまうくらいであった。

単純転売のほうは2017年1月に月商300万円を達成したが、その後商品のモデルチェンジがあり、売上が激減している。

OEM商品を増やしながら少しずつ売上を増やし、安定化させていきたいところである。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL

幅魔王のプロフィール


大企業脱サラ個人経営者
東京大学、東京大学大学院を卒業し、大手企業に入社
順風満帆に出世街道に乗る平凡な人生を歩むものと思われていた。
しかし、出世したところで仕事量、責任が増えるだけで大して給料は上がらない。 むしろ絶対に出世したくないと思っていた。 一方で、出世しないと左遷され、子会社・取引先・辺境の地に飛ばされてしまう。
出世も左遷も嫌ということで、入社6年目の2012年に脱サラに興味を持ち始める
2013年にGBC(今のVBC)と出会い、脱サラを目指し、物販ビジネスを開始
物販ビジネスを開始後、半年間は赤字だったが、それ以降黒字に転じる。
2014年12月以降、急激に売上が伸び、2016年1月~3月にかけて月利50万円を3か月連続で達成する。
2016年10月 入社10年目34歳にして大企業の看板と安定収入を捨て、無謀にも脱サラし、個人経営者として歩み始める